ぎゃらりー

暑すぎてワラビンちゃんが水たまりを作るほど汗を流しながら勝負服一枚になってうちわで涼む様子

勝負服一枚になってうちわで涼むワラビンちゃん

同じく5月の終わりごろに描いたワラビンちゃんの絵。5月とは思えないような暑い日が続いていて、ミントくんは氷と水の詰まった袋で頭を冷やしていたこともあったよね。

そのころワラビンちゃんはどんなことをしていたかというと、水たまりができるほどの汗を流しながら、うちわでパタパタと仰いで涼しんでるよ。ただ、あまりに暑すぎて、身に着けている勝負服を手でこじ開けながら、下半身にも風が届くようにパタパタと仰いでしまっているんだ。下半身は特に熱を持つ部分とはいえ、ここまで容赦なく仰いでしまうほどの暑さというのは恐ろしい。

でもワラビンちゃんを冷静に見てみると、おでこに火のついたロウソクをいくつも身につけているじゃない。そりゃ暑いよ。暑いけれども、この時はロウソクを肌身離さず持っておきたい状況だったのかもしれない。オカルトの知識のある者としてロウソクを離せない状況だけど、せめて顔から下は涼しみたい。とてつもないジレンマがワラビンちゃんを襲っていたんだね。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL