ぎゃらりー

ミルキィがめくってはいけない場所をめくって逆鱗に触れるトパーズ

逆鱗に触れるトパーズ

女の子のイメージをぶった切るかのように、前回は男の子の匂いが漂ってきそうなスパルタ系トパーズを描いてしまったね。そんなトパーズが身につけている汗まみれの褌を、あろうことか気になってしまうミルキィ。滅多に見ないものだから、気になって気になって仕方ない。

トパーズに断ってから触ったものの、触るだけでなく、何度もめくってしまったんだ。すると、ミルキィが一瞬の間に目の前が真っ暗になったよ。突然すぎて、何が起きたのかわからないし、妙に息が苦しい。それはなぜなのかというと、絵を見れば明らかだよ。トパーズの反射的な強キックにより、ミルキィの顔が思いっきり凹んでしまっているんだ。トパーズは普段から空手などで鍛えているんだね。ミルキィの目や鼻や口が思いっきり顔の奥に行ってしまって、キックの強さを物語っているよ。

ミルキィの顔は少なくとも半日近くは戻らなかったらしい。トパーズの強キックは恐ろしい。トパーズのファンの一部は間違いなくこの汗臭い褌が気になるだろうけど、決して深く踏み込んではいけないよ。同性であるミルキィでさえもこの仕打ち。異性である男の子のジュエルペットだったりしたら、強キック一発だけで済んでいたかどうかも怪しいね。もしかしたら、顔以外にお腹も強キックを与えられて、お腹だけで力を受け止めきれずに、反対側の腰回りにもパンチをした形が浮かび上がってしまうかもしれない。くれぐれも注意しよう。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

トラックバックURL