ぎゃらりー

ナイフでカッコよく音を鳴らしたり切ったりしつつシメに塩を振るプレーズ

ナイフを器用に操るプレーズ

ネット上で色々調べている中で、塩を振るイケメンなおじさんの短い動画を見つけたんだ。ただ塩を振るのではなく、わざと肘に塩をぶつけているのが、尚の事イケメンさを引き立てていて、とっても印象的。その塩を振るイケメンなおじさんは「saltbae」という愛称が付いているんだって。日本語にすると「塩の恋人」。詳しくはYouTubeの「Salt Bae Compilation」などのまとまった動画を観てみてね。

今回はその塩の恋人のおじさんに替わって、可愛いプレーズが演じてくれたよ。定番の塩を振る様子だけの絵だとつまらないだろうから、色々なシチュエーションを3つに分けてアメコミ風仕上げ。

アメコミ風にするにあたって一番時間が掛かったのが、「カンカン!」や「スパッ!」や「サラサラサラ」といった擬音の表現。幸いにも検索すると沢山出てきてくれて、大抵は「はてな読み」というブログの「英語のオノマトペ、擬音語、擬態語のまとめ」に載っていて参考になるよ。

元気なプレーズがこんなに器用にナイフを使いこなしたり、華麗に調理をする様子はどうも違和感があるんだよね。公式のプレーズのプロフィールをなぞるかのごとく、光り輝くお日様の下で、とにかく元気に遊ぶことに一直線。打って変わって料理や裁縫は苦手なイメージだよ。

プレーズが上の絵のように上手に料理をしてくれたら、もちろんのこと食欲をそそるのは間違いないね。でも、苦手で不器用ながらも、大雑把でワイルドな料理も見てみたいよね。プレーズのことだから、やっぱりキャンプ場でのメニューの定番であるカレー辺りかな。スクランブルエッグほどの手軽さはないけど、手順通りに調理すれば、大抵はまずくならない気がするよ。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

トラックバックURL