ぎゃらりー

卒業式後の全員の記念撮影で目をウルウルさせるコンペイ

目をうるうるさせるコンペイ

そろそろ桜が咲き始める季節。太い桜の樹から花びらが散っていくように、クラスのみんなとお別れするイベントである卒業式の季節でもあるよね。小学校の卒業式でオレが目で見ていた様子の記憶を思い出そうにも、もはや殆ど思い出せないのが悲しい。

唯一思い出せるのは、「仰げば尊し」と「巣立ちの歌」と国家を歌ったこと。卒業式後のクラス全員で記念撮影を撮る時に、卒業証書の入った筒を持って撮ることになったんだけど、筒のフタが迷子になってしまって、社員撮影までに間に合わずにごまかして撮ることになってしまったこと。当時のその写真を見たら、もしかしたらより鮮明に色々と思い出せるかもしれないね。

卒業式のことを思い出しながら、カッシー達が卒業式を迎えた後に記念撮影をしたらどうなるかを想像しながら描いてみたよ。ボタンやシュークは冷静にカメラ目線で、カッシーは卒業式の後でもいつでも会えると信じているようにいつものテンション。でもカッシーの後ろでは涙をうるうるさせるコンペイ。プライドが高そうな性格の人は割と涙もろそうなイメージがあるんだよね。写真現像後にこんな情けない顔のコンペイの表情を本人が見たら、きっとビリビリに破いてしまいそう。

実はカッシー達が普段とは違う服を着ている様子を描いてみたくて卒業式のシチュエーションを選んだんだよね。普段は腰みのだけ着ているみんながこんな重い服装をされたら、オレの負担が半端ないよ。特に普段は意識しない服のシワがどう付くか、シワがどんな方向に付くか、手を動かせば動かすほど悩ませるんだよね。またこんな感じの服を着せて描く機会があったらまた描こう。

コメント&トラックバック

2件のコメント

  1. 普段見られないカッシーくん達の衣装が新鮮で凄くイイね!3月だからあちこち卒業シーズン、残念ながら卒業ソングは小中高と何を歌ったか全く覚えていないぼく、ただ小学校の卒業式はコンペイくんのように泣いたのだけは記憶にあるよ、決してプライドが高かった訳ではなく小学校(子ども)から中学生(大人へのステップ)になるのが嫌だった。カッシーくんたちの制服はネクタイ式でちょっとレベルの高そうな学校の雰囲気を思わせるよ。卒業してもみんなともだち、ずっとなかよし、このイラストを見れてなんか凄く嬉し気分になりました。

    • よしりんさんも卒業式で泣いたことがあるのですか。私も仰げば尊しなどを歌っている最中は無意識に目がウルウルとしてしまったかもしれないですけど、今となってはあまり記憶にないです。悲しい。

      カッシーとミントとコンペイの服装はネクタイのない学ランにしようと思ったのですが、数年前から近くの高校がネクタイを締めるタイプの制服になったので、それに習ってみました。私が見ないだけで、まだ学ランの方が多いのでしょうかね?

      このイラストから色々と感じ取っていただけて嬉しいです。ありがとうございます。

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

トラックバックURL