にっき

レディ ジュエルペット 第30話「レディのハロウィンパーティー」の感想

パーティ大好きルビーちゃん

10月25日のレディ ジュエルペットは、ハロウィンパーティを楽しんだり楽しませる課題をこなすお話。もしも今回もルーアが何かやらかしてしまったら、これまでの分を含めると3連続ということになるけど、そろそろルーアも結果が分かりきっているイタズラはやめよう。本当に。

またルーアがやらかしたよ

ルーアがまた魔法を使ったらどうなるかということは分かっていると思ってアニメを見ていたんだけど、3度目の正直とはならず、2度あることは3度あるということわざの通りになってしまったよ。ミウラがルーアを余計に刺激させてしまったことが大きいと思うけど、感情に流されてしまうのは、優雅なメンターであるルーアらしくないよね。来週の話こそはこんなことはしないように頼む。

サンバの話で一瞬だけ映った黒幕と思われる人物は、ルーアと組んでいたことが判明。ルーアのことを信じて、ルーアの知らない誰かによる魔法の操作だと思っていたのに、まさか組んでいたとは。しかも、組んでいる相手と話す初めてのシーンでの第一声が、「レディももなを強制的に排除します!」だから黒すぎる。初めはルーアは利用する側だったはずなのに、いつの間にか利用される側に回っていたという感じなのかも。そう信じよう。

アグリー!と唱える謎の魔法

今回のルーアが出現させた巨大な敵を倒すときの場面は、一瞬レディ ジュエルペットってこんなアニメだったっけ?と思わせられたよ。全員の賛同の力を使って敵を倒すということもできるとは、まだまだジュエルパッドの秘める力は深そう。

とってもどうでもいい話だけど、ジュエルパッドの画面にタッチして「アグリー!」と唱える所って、「アグリー!」を日本語にしたら「同意!」とか「賛同!」という意味だよね。ちょっとシュール。すぐに敵を倒さないといけない場面でもジュエルパッドで賛同を得ないといけないほどの強力な魔法なのか。

そうそう、魔法を唱えてからは少しだけカイエンとロイヤルパレスのプチレディの女の子が登場したけど、残念ながら一瞬だけの登場。カイエンはももなに脅迫状なんていう回りくどいことをせずに、普通にオレも参加するということを伝えればよかったのに。余計にももなが怖がってたし。でも、ルビーが怖がっている貴重な様子が観れたからよしとしよう。許す。

ジュエルペット達が仮装していなかったのは残念

せっかくのハロウィンパーティだし、ルビーやガーネット達も仮装してくるんじゃないかと思いきや、期待に反して全くそんなことは無かった。やっぱりメンターはメンターとして徹していようという姿勢なのかな。特にルビーはおふざけで仮装をしてくることを期待していたんだけどね。でもいいか、ルビーが怖がっている様子が観れたし。

今度はキノコ鍋を作るお話

今度はキノコ鍋を作るお話みたいです。プリンスたるものというセリフがあったし、多分プリンスの課題か?食べ物には目がないルビーだからか、キノコ鍋だとか何とか言ってキノコキノコうるさい。一瞬だけだけど、ルビーの大きなお腹のアップがあったし、これはルビーが沢山食べる場面が出てくることは間違いなさそう。

コメント&トラックバック

4件のコメント

  1. 「これからももなを排除する魔法を使います」
    ってジュエルパッドに魔法を吹き込むように話しかけていただけではないのでしょうか?
    (ミウラがジュエルパッドと会話しているような感覚で)

    先の話で色々明らかになります

    • なるほど…そう考えると自然ですね。

      先の話というと、ジュエルパワーの話でしょうか。タイトル的に核心に迫りそうな感じですし、いよいよ面白くなってきました。楽しみです。

  2. 鎧の騎手が巨大化した時のルーアの予想外そうなリアクションを見るに、
    ルーアは黒幕と組んでいるわけではないと思うんですが…?
    あれはルーアが魔法を使う所を黒幕がこっそり監視していたって言う描写だと思います

    • ご指摘ありがとうございます。
      おっしゃる通りだとすると、レディももなを強制的に排除します!というセリフが引っ掛かります。
      あれは何なんでしょう。

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

トラックバックURL