にっき

レディ ジュエルペット 第29話「お散歩はレディのたしなみ」の感想

わざとらしく聞くルビーちゃん

10月18日のレディ ジュエルペットは、ワンコを優雅に散歩をさせる課題のお話。そして男の子ジュエルペット達が活躍してたよね。ワンコを連れてお散歩をまともにしたことがないオレとしては、果たしてワンコとお散歩をするときの勉強になるのかな。

強烈に暴れまわった謎のクマ

サンバカーニバルの時にリリアンから注意されて、ルーアは反省したのかと思いきや、またやってくれちゃいました。ルーアのことを信じていたからか、リリアンはまたルーアを詰め寄ったりはしなかったみたいだけどね。ただ、これ以上続けてルーアが悪いことをするようであれば、自分の首を締めることになるぞ。もしかしたら、無我夢中でその辺を分かっていなかったりして。大丈夫かルーア。

そして今回ルーアが魔法を使った対象は、何とラブラだった。今まではカレーや藁人形に魔法を掛けていて、いずれも生き物ではなかったよね。今回は初のジュエルペット相手の魔法。とうとうリリアンのために赤ん坊を利用するようになったのか。ルーアのやり方がどんどん純粋な黒に近づきつつある。

幸いにも広範囲に暴れ回る前に魔法が切れて元に戻ったから良かった。手懐けるのが困難だったネフライトともうまくやれてレディ・レクター達にも高評価。ただ、高評価だった理由が、互いを思いやって守ろうとするコンビネーションということなら、さっきのラブラが暴れていたことについても知っていたのかな。これだけ変なことが起きているのだから、レディ・レクター達も何とかしよう。今回はすぐに魔法の効果が消えてしまったから良かったけど、プチレディ達に任せすぎだと思う。

これは個人的なことだけど、残念ながらお散歩の勉強になったのかと言われれば微妙。ワンコに先導されないようにするということくらいかな。

レディ・ダイアナはネフライトをも置き去りにしていました

ネフライトが仲良くしてくれないのは、ルーアと同じような理由だった。レディ・ダイアナが何処かに行ってしまった理由が相変わらず謎のままだけど、ルーアや、そのルーアのせいで色々な人達に迷惑をかけているのだから、レディ・ダイアナから謝罪が欲しいね。当然悪い理由で何処かに行ってしまったということは無いと信じたいけど。

この後もネフライトやルーアのようなレディ・ダイアナに見捨てられたと考えているジュエルペット達が出てきそうな気がする。これ以上は勘弁してくださいよ。

ルビーの天然シーンが唯一の癒し

ルーアが悪いことをしていたりして、流れが悪い方向に混沌になりがちだけど、たまに出てくるルビーの天然シーンが癒しだね。

今回の場合だと、ルーアが予想外の事態に陥って、焦ってジュエルパットを操作しているところを、ルビーが自然に「何してんのー?」と聞くところとかね。でも、あのルビーが聞く様子は、ジュエルパッドで何をしているのか知っていてわざと焦らせるために聞いているように見えなくもない。ルビーに限ってそれはないか。

とにかくこれは言える。ルビーの天然行動は、もはや何度も繰り返されていて飽きてくるところだけど、ここ最近の黒い流れの中でのルビーの天然行動シーンは大事だと思う。

今度の話はハロウィン

次回はハロウィンパーティーをするらしい。せっかくジュエルペットのアニメなのだから、ジュエルペット達も仮装して登場して欲しいね。最後はプロメンターのルビーが「できるメンター、ルビーにお任せ!」と決め台詞でおしまい。脅迫状も着たようだし、推理の流れになるのかも。もしそうなら頭脳戦になるけど、プロメンターであるルビーは大活躍するか?

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

トラックバックURL