にっき

レディ ジュエルペット 第28話「レディのサンバカーニバル」の感想

サンクスジュエルパレスデー実行委員長であるルビーちゃん

10月11日のレディ ジュエルペットは、サンクスジュエルパレスデーにジュエルペット達がサンバで大はしゃぎするお話。レディ ジュエルペットが始まって以来のジュエルペット達が大はしゃぎっぷりを見て、ジュエルペット サンシャインを思い出した。ジュエルペット達の元気な様子を見れて何より。

サンバで激しく盛り上がる御三家

突っ込みどころを書いたらキリがないけど、ルビーが今回のサンクスジュエルパレスデーの実行委員長を務めたのだから、一番の盛り上げ役であることは間違いないよね。そもそも何でルビーが実行委員長をやることになったのかが謎。ジャンケンとかあみだくじか?

それは置いておいて、何故か実行委員長のルビーよりもガーネットが一番派手に盛り上がっていた上に気合が入っていた印象。フロートまで作っちゃうくらいだしね。ここでもジュエルペット サンシャインからの底力である歌唱能力やダンスが実力を発揮したくて、ついテンションが上がってしまったということで間違いなし。

ルーアのいたずら以降のサフィーも様子がおかしかった。サフィーもまさか、突然衣装の一部をハリセンに変えたりしてまでサンバと掛けるとは思わなかったのか、思いの外ハイテンション。サフィーの面白いと思うところのツボが分からない。

藁人形に魔法を仕掛けた張本人であるルーアも、まさかそういういたずらをすることは考えてはいなかったはず。もし考えてやっていたのなら、ルーアも影ではサンバカーニバルを盛り上げようとしていたのかも。ただ、一般の参加者やプリンス達からしたらいい迷惑だったか。ルーアのいたずらはよく分からない。

後半では藁人形が巨大化して怪獣映画のようになってしまっていて修羅場だったけど、ももなやリリアン達が沈めたおかげで何もかも戻ってよかった。戻らなかったらサンバフロートが破壊された上に吹き飛ばされたガーネットが報われない。よかったじゃんガーネット。サンバカーニバルは満足できたかな?

ルーアのいたずらがリリアンにバレる

いつかバレるだろうと思っていた、カレーの話から始まったルーアのいたずらが、たった1話次の話でリリアンに気付かれてしまうとは思わなかった。賢そうなルーアの割には隙が多かったし、これからはこんなつまらないことはしないで、もっと良いことに魔法を使おうよ。

それともう一つ、カレーの時といい、今回の藁人形巨大化といい、いずれもルーアのいたずらを誰かが魔法でさらに弄った可能性が出てきたね。今回の藁人形では明らかに誰かが弄るような描写があったから確実。現状だと誰がやったかなんて全く分からないから、ルーアの魔法に便乗して何かしている誰かがいるということが分かっただけでもかなりの進展。

話は戻って、もしも次の話からルーアが改心して、魔法を使ったいたずらをしなくなるのなら、今度からはルーアはどうする気だろう。楽しみだよね。

次の話はお散歩の課題

今度の話はお散歩の課題のお話。次回予告に一瞬だけ出てきた巨大な足はなんだろう。まさか、またルーアが懲りずに魔法を使ってしまって怪獣映画化するパターンか。それは無いといいんだけどね。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

トラックバックURL