にっき

レディ ジュエルペット 第15話「笑顔でさよなら」の感想

お風呂上がりのルビーちゃん

7月12日のレディ ジュエルペットは、ももなとカイエンが休日にホットドッグを食べるためにデートをするお話。久々に御三家以外のジェエルペットであるラピスとオパールを見たよ。ただ、残念ながらラピスはセリフが無くて声が聞けなかったけどね。全体的にジュエルペット達の活躍は少なめ。

ももなとカイエンのラブラブっぷりに嫉妬

今回の話のメインは、カップルと言っても良いというレベルのももなとカイエンのラブラブな様子。そしてそのラブラブなカップルを追跡するプチレディとプリンス達。分析能力に優れているソアラも、凸凹カップルは研究しがいがあるの?ソアラとしては、この凸凹カップルの行動を研究して、みずきとソアラでデートする時に色々と役に立てようということなのだと思う。流石分析能力が優れているソアラ。

そしてルーアはまさかリリアンが凸凹カップルを追わないだろうと自信ありげに考えていたようだけど、サフィーやガーネット達に見透かされて、まさかのブーメランが刺さってしまった。今回のルーアちゃんは空振り気味。大丈夫?

凸凹カップルも後半では何か大変なことをやらかすのではないかと心配していたけど、特に何ともなく、最後はまさかのリリアンに誘導されてカイエンにプレゼントもしっかり渡す事が出来てハッピーエンド。カイエンにはしっかり好きであることも伝えられて万々歳。最終話ではももなとカイエンは結ばれるのは確定なのか?

余談だけど、ももなとカイエン達が食べた、あのやたらと長いホットドッグを食べてみたい。お店を探さなきゃ。

ガーネット達の大人のガールズトークとは?

凸凹カップルとみずき達が夢中になっている所で、ガーネット達のガールズトークが繰り広げられたらしい。サフィーは3人分のスライスされたレモンが付いたオレンジジュースをチョイス。レモン付きというのがなかなか渋い。

ガーネットは経験を詰んでいると言うと説得力がかなり増すね。ジュエルペット サンシャイン時代の女優になる夢を追い求めるガーネットの姿を観てきたオレとしては、大人のガールズトークにこっそり紛れ込んで、ガーネットの苦労話をこっそり盗み聞きしたい所。特にフラッシュダンスの踊りの話も聞きたい。でも駄目だ。そんなことをしてしまったら、ガーネットだけに留まらず、ルーア達にもボコボコにされてしまう。ガールとボーイとの見えない壁は厚いのだ。

新キャラ登場?

エンディングが流れる前に、レディ・ブートが牢屋のような場所から解放した謎の少年は誰だろう。ただ、牢屋にしては本があったりして妙だよね。猛勉強するための監禁部屋みたいなもの?これがジュエルパレスの闇なのか。次の話でその辺の一部分だけでも分かるようになるかな?

最終的なラスボス候補になりそうな予感。なにはともあれ、最後の口のニヤリとした感じが不気味すぎる。

謎のメール小説が出てきそうな次回の話

差出人不明のメール小説が流行っているらしい。もうこれは小説というワードが出てきた段階で誰が発端なのかは察しちゃうよね。

それは置いておいて、深夜にジュエルパレスに誰かが忍び込んでいるというのは、今回の話の最後に出てきた謎の少年と関係ありそう。カイエンが一旦身を引いて、新キャラでまた熱い流れになる?

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

トラックバックURL