にっき

ジュエルペットとあそぼ!フレンズの号の付録「チェンジングペンスタンドとペンスタンプ」

ヤフオク!でたまにジュエルペットのグッズを漁っているんですが、つい最近気になったものがあって、「ジュエルペットとあそぼ!フレンズの号」という2013年7月に発行された本の付録であるチェンジングペンスタンドとペンスタンプが1円即決で売られていたので、ペンスタンドが気になってすぐに落としちゃいました。

ジュエルペットのペンスタンドなんて滅多にないからね。この本自体を手に入れるというのが一番いいけど、もう売ってないだろうなあ。

数日前に届いたので早速開封してレポ。

付録の箱

付録だけが送られて来たから、本にはどんな感じで付いてきたのかは分からないけど、随分大きい付録ですね。縦は21センチ、横は13センチ、高さは3センチという豪華な付録が入った箱。

ジュエルペットとあそぼ!フレンズの号の付録

そりゃチェンジングペンスタンドやペンスタンプが入っているのだから、このくらい大きくて当然なのかも。外観も手抜かりがなくて好き。箱も取っておきたくなる。

早速箱を開けて中身を見てみようとしたら、とても固くて開けるのが辛かった。ただ、決してオレの力が弱いのではなくて、あまり強引に開けてしまうと箱が痛んでしまうから、あまり力任せにはしたくないんだよね。しかし、どう工夫しても綺麗に開ける事はできないことが分かったので、仕方なく箱が痛む事を覚悟で強引に開ける事にした。残念。

箱の中身

強引に開けた箱の中のものを並べてみよう。中のものを見てみると、箱が大きかったのも頷ける。

チェンジングペンスタンドの部品とペンスタンプ

中身は主に次の3つ。

  • チェンジングペンスタンドのキャラクターシート4枚
  • チェンジングペンスタンドの上と下の枠
  • ペンスタンプ

チェンジングペンスタンドのキャラクターシートと上と下の枠の部分が場所を取っている様子。写真の通り、キャラクターシートは青とピンクのそれぞれ2枚ずつ入っている。とりあえず、一番気になっているチェンジングペンスタンドの方に手を出してみよう。果たしてどんな出来映えになるかな。

ちなみに最初はキャラクターシートは分厚い光沢のある紙製のものだと思っていたけど、分厚いビニール製のもので、よっぽど強引に曲げたりしなければ傷はつかないと思われる素材だった。子供が組み立てても安心。

チェンジングペンスタンド

この付録の箱のスペースを一番占有しているチェンジングペンスタンドを先に組み立ててみる。キャラクターシートと上下の枠を手に取って、組み立て方法の説明を見つつ、組み立て開始!

組み立てる

箱の裏にはチェンジングペンスタンドの組み立て方が丁寧に載ってるから、それを見ながらであれば、まず失敗はしないはず。そもそも、オレの歳で失敗したらマズイかもしれないけど。

チェンジングペンスタンドの組み立て方

4枚のキャラクターシートのうち、好きなシートを2枚選んで、シートの端にある細長い穴にもう一枚のシートの出っ張っている部分を入れて、綺麗に組み合わせて円筒状にしよう。

次に、上下2つの枠を手に取って、組み立て方でローサが言っている通り、上の枠を先に円柱上になっているシートを組み合わせる。ちなみに、さっきの2枚のキャラクターシートがしっかり組合わさっていないと、上下の枠にしっかり収める事が難しいので、抜かり無く隙間無く綺麗に組み合わせておこう。

あと、あまり強引に枠にはめようとすると、キャラクターシートを痛める事になると思うから、その辺も注意。

最後に下の枠をはめておしまい。お疲れさまでした。綺麗に出来たかな?

ピンクのキャラクターシートを使った場合

完成品はこんな感じ。オレが現時点で愛用しているピンクのキャラクターシートの組み合わせ。

ピンク色のキャラクターシート使用時のチェンジングペンスタンド

ピンクのキャラクターシートは、全体的にローサが目立つ。そしてガーネットが控えめな感じ。

オレがこのシートの組み合わせを選んだ理由は、枠の色がピンクなので、その色と同じであるピンクのキャラクターシートで全体を統一したかったから。どうもオレは統一癖があるようで、ここでもその辺がもろに出てしまった感じです。

ちなみに、このピンクのキャラクターシートにだけオパールとエンジェラがいます。オパールにガミガミ言われたいマゾな人にはこのピンクのキャラクターシートがお似合いかもしれません。オパールファンはオススメ。あとぶっ飛んだキャラとして有名なエンジェラファンの方にも。

そうそう、どのくらい鉛筆やシャーペンが収められるかって?大きさを確認してみよう。物差しで確認してみると、直径は大体7cmで、高さは8cmというところ。ペンスタンドとして十分でしょう。

青のキャラクターシートを使った場合

今度は青のキャラクターシートを使った場合のペンスタンド。サフィー好きな人には好みのカラーリングかもしれない。

青いキャラクターシート使用時のチェンジングペンスタンド

例によって青のキャラクターシートにしか存在しないジュエルペットがいて、それはペリドットとチャロット。

そしてピンクのキャラクターシートと比べてガーネットとルナが大きく印刷されているのも印象的。ガーネットファンやルナファンならこのキャラクターシートを選ぶ事になるか?

ピンクと青のキャラクターシートを使った場合

ピンクか青かで、どちらかに統一する必要はなく、ピンクと青のキャラクターシートを混ぜて使う事もできるよ。例えば、オパールとペリドットの写っているキャラクターシートにしたいというときに、ピンクか青かで考えると破綻するから、ペリドットがいるキャラクターシートとオパールがいるキャラクターシートを繋げてペンスタンドを組む事も出来る。

青とピンクのキャラクターシートのつなぎ目部分

ただ、ピンクと青のキャラクターシートを組み合わせる事になるから、上の写真のようなピンクと青が繋がっている妙なハリボテ感が気になるかもしれない。その辺は気をつけた方がいいかも。

ペンスタンプ

チェンジングペンスタンドばかりに目がいっていたけど、ペンスタンプも忘れちゃいけないです。ペンスタンプという名前のとおり、ペンの形をしたスタンプ。ペタンと紙にスタンプを押して大きさを計ってみると、直径は大体0.8cm。ちょっと小さいかも。

早速スタンプを紙に押してみる

スタンプの種類は5種類あって、大御所キャラのルビーはもちろんのこと、ガーネット、サフィー、ラブラ、ローサのスタンプもある。ちなみに、スタンプを押す時には力の加減には気をつけよう。今回使ったメモ用紙の紙の質も問題かもしれないけど、少しでも力を入れてスタンプを押してしまうと、上の写真の紙に一通りペタンコしたルビー以外のように、酷くにじんでしまう事があるので注意。印鑑を押す時のようにギュッと押すのではなくて、紙に触れる程度の力で良さそうです。

こういう付録によくあるスタンプでは当たり前だけど、インクが空になったらそこでおしまい。インクの交換なんていう贅沢な事はできません。残念ながら。

ルビー・ガーネット・サフィー・ラブラ・ローサのスタンプが押せるペンスタンプ

開封時はルビーのスタンプが押せるようになっていたけど、他のジュエルペットのスタンプが押せるようにするには、全てのスタンプをペンスタンプのおしりの部分から固くて細いもので押して取り出してから、使いたいジュエルペットのスタンプを一番最後にはめなければ使えない。ちょっと不便。いや、かなり不便です。よく注意して使おう。

チェンジングペンスタンドは有効利用させてもらいます

チェンジングペンスタンドが意外と頑丈でそう簡単に壊れそうにないので、長い間お世話になりそうです。逆に、ペンスタンプの方はインクが無くなったらそれっきりだから残念だなあ。インクが無くなっても、スタンプ台さえあればまだ使えるかな?

最後に注意してほしい事がある。チェンジングペンスタンドは接着剤等で固定がなされていない。なので、ペンスタンドを持った状態で中から下に力を加えちゃ駄目だぞ。底が抜けて中のものが下に落ちちゃいます。絶対に注意。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

トラックバックURL