にっき

ジュエルペット ハッピネス 第51話「ちありが変身した〜!」の感想

おーっす!と言ってるルビーちゃん

昨日のジュエルペット ハッピネスはちありちゃんもアンハッピネス化してしまいかけたけど、ルビーのおかげで最悪の事態を避けられた!という話でした。ルビーは普段はいつもスカポンだけど、いざという時は本当に頼りになるよね。次でジュエルペット ハッピネスも最終回というだけあって、笑いどころはほぼないのはちょっと残念だけど、終盤戦なら仕方ない。

ちありちゃんがいつも落とし穴に落ちる理由

全てはメグミーナ様が悪かった。メグミーナ様がハッピネスを送るために落とし穴を作ったらしいけど、ハッピネスを送るためとはいえ、もっと何か良い方法は無かったのかなあ。そうだ、そうだった。そもそも根本的な原因はジュエリーナ様がこんな危機的な状況なのに頭抜けている感じなのが悪い。もっとお互いがしっかり連携していれば、事態はこんなに深刻にならなかったんじゃないのかな。

ジュエリーナ様含めて、ちありちゃんには感謝しないとね。ちありちゃんがいなかったら、今頃世界はゲームオーバーだよ。

CRNとかいう謎アイドルグループとえぐい真田先輩

ねねちゃんやるるかちゃんが勝手にCRN(チルネ)なんていう謎アイドルグループを作っていたけど、二人とも随分落ちたなあ。アンハッピネス化によって軟体生物になっちゃいましたか。真田先輩がCRNというアイドルグループを提案したんだろうけど、最終的には組体操か何かをする運動系アイドルになるのかもしれない。新しい路線だね。アンハッピネス化によって思考回路も超人化するんだろうなあ。まるで某ゲームの生物兵器作っちゃうアンブレラ社。

そしてあの時がちありちゃんが一番危なかった。ちありちゃんはルビーに借りができたね。さすが天然スカポンでハッピネスなルビーだ。

しかし、真田先輩はちありちゃんに酷い事言うなあ。

「これからみんなで赤い月に行き、新しい世界を創る。アンハッピネスに満ちあふれた世界をね。君一人を残して。」
「本当にサヨナラだね。月影ちあり。君の事はもう忘れよう。」

こんな台詞を吐いていった。アンハッピネス化してしまった真田先輩はもはやどこかの典型的な悪党のボスになってるし。

ここでもルビーの声が聞こえなくなってしまうくらい落ち込んでしまったけど、またもやルビーのおかげでその気分ともおさらば。悲しんでしまうちありちゃんなんてちありちゃんらしくない。頼むよちありちゃん。オレもルビーに酷く落ち込んだときに励まされたいですね。

このお話のまとめはもはや「笑いあったらハッピネス!」か。いつでもハッピーな気持ちは大切に。

最後に真田先輩がルビーを拉致

せっかくルビーとちありちゃんが頑張ってみんなをハッピーにして元に戻したと思ったのに、真田先輩だけは手強かったようで、元には戻ってはいなかった模様。しかもルビーを拉致してしまうし。頼むよちありちゃん。今度の最終話で無事にルビーを助けてあげて。みんなの力を背負っているんだから責任重大ですよ。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

トラックバックURL