にっき

貯金箱の中にお菓子が入っている「ジュエルペット 缶バンク&菓子」

一週間くらい前にサンリオピューロランドのジュエルランドゲートで買ったもの。貯金箱を今まで使った事が無かったし、在庫がどうやら見た限りだと1つしか無かったようだし、ジュエルペットのグッズということもあって、買っちゃいました。せっかくなのでレポ。

見た目や大きさはどんな感じなの

サンリオ公式サイトにも詳しい情報が載っているからそちらも見てみてね。価格は525円で、サイズはおよそ縦7.3cm、横12cm、高さ8cmとのこと。発売日は2014年の2月5日に発売されたらしい。ホワイトデーのグッズとして売られたようだけど、2月5日と言ったらまだバレンタインデーじゃないの?色んなお店でハロウィンが終わったらすぐにクリスマスのグッズを売るようになるのと同じで、動き出す時期が早いのね。

「ジュエルペット 缶バンク&菓子」の外観

見て分かるかもしれないけど、強度は微妙で出来ている素材が薄い。落とすと変形してしまうかもしれないから、決して落とさないようにしよう。

缶バンクと名乗っているからか、缶の上蓋には硬貨が入れられる穴がご丁寧に用意されている。そして、問題はどのくらいの硬貨が入るのかということ。それは後で検証。

缶バンクを守る鍵

缶バンクと名乗っている以上は、やっぱり施錠できないとマズイ。なので鍵が付いています。しっかり鍵を掛けてお金を守ろう。

缶バンクの鍵

だけど、金貨だとかオーパーツだとか、本当に大事なものは入れちゃ駄目だよ。鍵を見れば分かるけど、200円や300円のガチャポンのおもちゃにありそうな鍵。プロじゃなくても針金を入れてガチャガチャすれば開いてしまいそうな気がする。気をつけよう。

スナック菓子が缶バンクに封印されていた

缶バンクの中には元々何が入っているか?タイトルでネタバレしてしまっているけど、チーズ味のコーンスナックお菓子が入っていました。

缶バンクの中に入っていたコーンスナック

この商品はあくまでキッズ向け。大人だとお菓子を買おうとしたときに、たった100円だろう?等と軽い気持ちで考えるよね。でも、子供の気持ちになると、例え100円でも大人の世界でのお金の価値に換算すれば千円やそれ以上の価値になるかもしれない。

実際にこの商品を出した上の人達はどう考えているのかは置いておいて、ちょっとしたお菓子でもとっても夢が詰まったものなんだよ。ちょっと子供の頃を思い出しちゃいました。

チーズ味のコーンスナック

形はまるでイカリング。味はチーズ味ということで、これ以上の事はオレは語れない。だけど、強いていえば、口の中に入れるとイカリングの形をしたコーンスナックがすぐに溶けてしまう。噛むのもいいけど、このスナック菓子は舌を使って噛む感じがちょうどいい気がする。オレはそう食べました。

あんまりスナック菓子を食べないから、よくあるスナック菓子でもとっても刺激を感じる。

果たしてどのくらいお金が入る?

何度も言うけど、これは缶バンク。どのくらいのお金が入るのかを検証してみよう。とは言っても、手持ちの硬貨の枚数に限界があった。とりあえず現状で持っていた硬貨を全て入れてみる事にしました。

120枚の硬貨が入っている缶バンク

持っていた120枚の硬貨を全てぶち込んでみました。硬貨は統一はしていない。100円だろうが10円だろうが5円だろうが全て入れてる。大体3分の1は埋まっているんじゃないかと思う。

120枚の硬貨を入れて3分の1埋まるということは、大体360枚は入るということになる。頑張れば400枚ぴったりもいけるかも?でも限界まで入れても、硬貨を入れる穴からうまく入られなくなるから余裕を持った方が良さそう。とはいえ、硬貨をかき集めて検証しないと何とも言えない。

果たしてどう使う?

1日1枚100円を入れていくとしよう。そうすると1年で365枚入るから、36,500円が缶バンクに貯まっている事になる。その貯まったお金で一気にジュエルペットのグッズのために使うというのはどうだろう。

もしくは、オレの場合であれば、即売会イベントでサークル参加した場合に使いそう。今使っている硬貨の入れ物は小さくて若干不便だから、これを持っていくことで余裕ができるから便利になるはず。まだ色々と使い道はあるだろうけど、その辺は後でね。

とりあえずオレは後者の使い方でいきます。大きくて便利な入れ物が欲しかったんだよ。なんか最初に言っていた目的と全然違ってるし。

缶バンクとしては鍵が頼りないかもしれないけど、いざという時はルビーちゃん達が魔法の力で守ってくれるよ。ジュエルフラーッシュ!ってね。そう信じてる。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

トラックバックURL