にっき

ジュエルペット ハッピネス 第33話「さよならジュエルペットカフェ!」の感想

ガーネット!

今日はガーネット回でした。巷の噂によると、この時期のガーネット回はとてもよくできた回が定説と言われているらしい。そして今回はその巷の噂通り、ルビーたちとガーネットとの友情を再確認できる良回だったと思う。

あっちの世界ではヘッドハンティングならぬペットハンティングというのもあるんだなあ。ペット達はいつも平和に暮らしているイメージだけど、ガーネット以外のジュエルペット達も、もしかしたら隠れて何か競争していて、何かしらの分野でのペットハンティングを狙っていたりするのかもしれない。どこの世界でも競争社会だなあ。

ところでスミスにルビーがペットハンティングして!と頼んで拒否された後のルビーとサフィーの会話が小さくて聞き取れなかったけど、聞き取れた人いるのかな?何度聞いてもよく分からない。分かる人は教えてほしい。推測するに、やっぱりスミスの悪口なんじゃないのかなあ。それにしても、ルビーのペットハンティングをスミスが拒否した後の他のジュエルペット達の反応が「うんうん…」というような冷静な対応がナチュラルに笑える。おっちょこちょいなルビーがハンティングされるなんてあまり思わないか。芸人としてなら面白そう。

カフェ・プロフェッショナルが開店して、沢山の人がその店に移ったけど、唯一ジュエルペットカフェに残ってくれたのは平先輩だけだったね。今回の出来事でどの店を愛しているかがはっきり表れた感じ。ジュエルペットカフェのルビーたちは平先輩を大事にしなきゃ駄目だぞ。

最終的にはなんだかんだでハンティングされずに済んだのはジュエリーナ様のおかげだね。建物を吹っ飛ばしてくれたのが大きかった。ジュエリーナ様がいなければ、今頃主人公のルビー含め、ジュエルペットカフェ関係は全部撤去されていただろうからね。

あとは時々出てきた悪の親玉と思われるジュエルペット。顔は出なくて分かりづらかったけど、あれは恐らくラピスだよなあ。ラピスには大人のお嬢様という振る舞いの味方であってほしかった。でも悪役は悪役でどういう振る舞いをするか面白そうではあるけど。

とにかく今回は色々書くことが尽きない回だった。本当によかった。

追記だけど、さっき触れたルビーとサフィーの会話は、ルビーが「優秀なウサギは間に合ってるんだって」で、サフィーが「そ、そうね」だそうです。プライドでかいなあこのウサギさん。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

トラックバックURL