にっき

ジュエルペット ハッピネス 第24話「ヒグマの学校なのです!」の感想

9月14日のジュエルペットハッピネスはローサ回。ここでローサはヒグマの学校に通っていたことが判明。普通の熊が沢山居る中でローサがいると、やっぱりちょっと浮いちゃうのはシュール。どうやって学校に入学したのかは気になるところ。もう一つ判明したのは、ローサが怪力だということ。普段は軽いものしか持てないローサだけど、とんでもないアクシデントに見舞われた時にだけ思い切ってぶん投げることができると考えてよさそう。

人間もそうだけど、いざ命の危機と言えるようなピンチになると、普段発揮できない力を出すことが出来るということが科学的に証明されているし。ローサはそれを極端にした感じ。極端にしても、ちょっと極端すぎるような。下手したら家もぶん投げられるんじゃないかな。

そうそう、今回はルビーの顔芸っぷりも目立った。顔にどきつい化粧をするくらいならよくあったけど、今回はたらこ唇のルビーなんかも見れたし。ハッピネスでのジュエルペット達は特段と表情が豊かな気がする。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

トラックバックURL