にっき

かみさまみならい ヒミツのここたま 第67話「隠し味は、ここったま」「お笑いでサッカー猛特訓!」の感想

ヘディングを決めるパリーヌ

第67話では、ピンコが誤って仕入れすぎた生マシュマロの材料を使うために、ラキたま達が真実を知らないまま付き合わされたお話と、まことくんがサッカーで失敗して落ち込んでいる様子を見ていられなかったこころちゃんが、まことくんを元気付けるために一緒に練習をするお話の二本立てだったね。

生マシュマロに使うゼラチンの仕入れ場所の謎

ラキたま達が知る事なく付き合わされた大量のゼラチンの在庫消化。500mlペットボトルの2倍の高さは積み上がっていた箱をどこから仕入れてきたんだろう。人間だってそんな簡単に食べられない量だよ。ピンコが運ぼうにも誰かしらに気づかれるだろうし、運んだのはその辺の神様見習いのここたまとは違う気がするんだ。瞬時に正確に魔法で動かせる一人前のパンツを履いたここたまが運んだに違いないよ。

前々からピンコ達は顔が広いと思っていたけど、材料の発注先に困らない程の繋がりや、一人前なここたま達とも繋がっているとなれば、きっと色々な苦労があったんだと思う。ピンコ達がどうやってここまで信頼を築き上げたのか気になるね。女の子のピンコらしからぬ努力の汗がとっても漂うお話になると思うけど、オレは聞いてみせるよ。ピンコ達の教えを元に、オレもがっぽりとキラキラとしたお金を儲けてみせるぞ。

パリーヌが何かに目覚める

新たなこころちゃんの可能性を見出したのは収穫だけど、オレはそれ超える収穫があったよ。それはパリーヌが放つヘディング。以前にも見た、消しゴムのカケラでサッカーをする様子だよね。ラキたま達に混じってヘディングシュートを放つパリーヌだったけど、まるでパリーヌとは思えないような鋭い眼光で、確実にヘディングシュートを決められるように消しゴムのカケラに目線を合わせていたよ。ヘディングが決まれば、パリーヌらしからぬ爽やかな声で「やった!」という決め台詞。滅多に見せないパリーヌに、「やった!」という声だけのために何度も再生してしまうよ。

ちょっと前のクリスマス回で、パリーヌがここたまスパイの仮面をクリスマスプレゼントとして手にしたことを覚えてる?それを身につけて新たな自分を手にするような受動的にものではなく、今回はパリーヌ自らが新しい自分を創造しようとしているんだよ。パリーヌの将来が少し見えてきたかもしれない。ゲラチョ達でさえできないオーバーヘッドキックをも決められる、もはや趣味の領域を超えたパリーヌの存在が。オレは期待しているよ。ここたま界のプロサッカー選手として君臨する時を。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL