にっき

ジュエルペット ハッピネス 第23話「弟子入りワンコ?!」の感想

先週の9月7日のジュエルペットは柴犬のコハク回だったよね。今日録画していたものを観ました。

いつか来るんじゃないかとは思ったけど、ジュエルペット達がジュエル学園に入学しちゃいました。後半はよりジュエルペット達と人間達の距離が縮まっていくわけだね。そしてまさかのサフィーは担任でローサが副担任。サフィーは穏やかそうな性格をしていると思っていたけど、少しお喋りしていただけでもチョークを投げつけたりと、結構過激です。やっぱり教師となるからには生徒何十人もの責任を負うことになるのだから、責任感のあるサフィーならではの行動だよね。でも授業の内容がハンカチ落としって一体どういう授業なの。

それにしても、コハクがイケメンになりたい気持ちは分かるけど、ちょっとしたことで可愛いそぶりをしてしまうのはもはや本能。特に浅野先輩が本で家を作って「ハウス!」と言って家に入ってしっぽ振るところがえらい可愛かった。例え赤い月の影響でいくら不良になっても、見た目は変わらず可愛いのがさすがコハク。そして真田先輩はまさか缶のつぶつぶコーンにあれだけの意味を込めて伝えていたとは思わなかった。ただ豆知識を貯えているだけでなく、それをうまく適所適材で使いこなせるイケメンというわけね。羨ましいよ。

ところで、一番最初の場面で出てきた幽霊みたいなキャラクターが通り過ぎていったのは何だったんだろう。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

トラックバックURL