にっき

かみさまみならい ヒミツのここたま 第45話「ここたま 夏の大冒険!」の感想

梅干しを食べるパリーヌ

第45話では、こころちゃんとラキたま達がここたまの魔法を感じるという怪奇現象を突き止めに、おばあちゃんが漬けた梅干しの入ったおにぎりで昼食を挟みながら、無事に正体となるここたま穴というものを見つけたお話だったね。

ここたま穴というここたまの世界でも存在する謎

謎の怪奇現象の正体はここたま穴だったね。明治や江戸やそれより前にいたここたま達も、早口を30回言ったり、ダジャレを10回言ったり、それらを100回繰り返して、必死にここたま穴を消滅させるという歴史を何度も繰り返してきたのかもしれない。今もきっと世界のどこかでここたま穴を消滅させるために頑張ってくれているんだね。

いつも遊んでいるだけだと思っていたラキたま達だけど、なんだかんだで早口を全部で3000回、ダジャレを1000回を噛んだりせずに言い放ったんだよ。こんなここたま達に支えられているのだと思ったら、むやみに難癖をつけられないね。

ここたま穴を消滅させる方法を教えてくれたのはたませんにんで、さすが千人様で何でも知っていると思ったよ。ただ、よく考えたら消滅させる方法がふざけている気がするんだ。魔法で出してくれた紙にはかなり過酷なことが書かれていたけど、そもそもダジャレや早口を言わなくちゃいけないというのが謎だよ。もしかすると、ダジャレや早口を言う必要はなかったんじゃないかな。

実はたませんにんが遠目で見守っていて、1000回のダジャレの中から使えそうなものをメモするために言わせたという可能性も考えられなくもないよね。ラキたま達が逆さでダジャレを言っている様子を見て大笑いするたませんにん。かなりえげつないけど、今までの悪行を考えると考えられなくもないよ。恐ろしい。

梅干しの魅力を理解しているパリーヌ

ここたま穴に向かっている中で休憩中に食べたおにぎり。サリーヌとパリーヌは梅干しの入ったおにぎりを食べたわけだけど、パリーヌのやっぱりセンスが渋いよ。

「でも何だか癖になりそう。」そんなセリフをパリーヌが純粋に言い放ったんだよ。以前の冷やし納豆の件といい、パリーヌは昔の日本食との相性が抜群なんだよ。朝は梅干しや漬物などのお浸しを食べながらご飯とお味噌汁を食べて、夜は時々豪勢にお刺身を食べる生活。お刺身には醤油だけでなく、粗塩もかけて食べてみせるに違いないね。オレはいつかパリーヌの1日3食の生活を覗く。絶対に。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバックURL