にっき

お花がぎっしり描かれたパズルとガムが入った「ジュエルペット パズルガム」

久々に触れるジュエルペットのパズル。今回はただのパズルではなくて、パズルのピース一式とガムが入った「パズルガム」というもの。小さなマスコットやトレーディングカードのオマケとしてガムなどのお菓子はよく聞くけど、パズルが付いてくるというのは初めて聞くパターンかもね。

ジュエルペットのパズルガムのパッケージ

これがジュエルペットのパズルガム。もうパッケージを開ける前から、どんな絵のパズルかがネタバレしちゃってるね。ピース数は56ピース。完成時のサイズは横25.7センチ、縦18.2センチ。パズルサイズの下を描かれた対象年齢を見ても分かる通り、とっても簡単に組み上がるパズルとなっているよ。

ちなみにこの絵のパズルを含めて全4種類あるみたいだよ。数種類用意されているメインディッシュとなるものは、大抵何が入っているか伏せられているものだけど、これは優しいよね。対象年齢を意識しているからか、選べる優しさがあるよ。

側面に書かれたパズルの種類

これが全4種類のパズル。今回完成させるのは一番左側の「No.1」だね。「No.2」も同じサイズで、「No.3」と「No.4」については、繋げることで、1枚の大きな絵になるという手の込んだ仕掛け。縦25.7センチ、横36.4センチとなれば、市販のパズルサイズだね。

ジュエルペット達を小さいパズルの中にぎっしりと詰め込んだ「No.3」と「No.4」が一番組み立ててみたいところだけど、今となっては入手は極めて困難。実はいうと、これもフリマサイトで偶然にも手に入れられたに過ぎないからね。手に入れることができただけでも感謝しなきゃ。

少しずつ組み上げていくよ

色々考えるのもいいけど、早速パズルを組み立てていこうか。いつも端から組み立てていくというスタイルを壊すかのように、あえてジュエルペットの英単語から先に手をつけていくよ。

ジュエルペットの英単語が組み上がり、ペリドット、ダイアナ、サフィーと繋がっていく。ルビーも好きで、いつもルビーを先に組み上げてしまいがちだけど、あえて避けていく。ルビーに怒られるって?大丈夫。ルビーはいないから。

完成したパズルガムのパズル

あえて時間がかかるように組み上げていたけど、15分程度で終わってしまったよ。56ピースなら仕方ないね。いつものようにのりを塗り終えたら、あらかじめ買っておいた「木製パズルフレーム ナチュラルパネル シロ (18.2×25.7cm)」にはめておしまいだよ。短い時間だったけど、お疲れ様でした。

実はもっと大きい額縁を買う予定だったけど、予定よりも小さいものを買ってしまって、頭が真っ白になっていたんだよ。でもパズルガムのサイズに丁度合うようで救われたね。ルビーのラッキーな力に救われたかもしれないというのに、今回のパズルで埋めることができた順番としては最後の方。これでよかったのか。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

トラックバックURL