にっき

新春けもケット3でとっても早いチョコをもらいつつしゃぶしゃぶもした話

そろそろお正月気分だった1月とはお別れの時期ではあるけど、まだ終わりじゃないという意気込みで、1月28日は新春けもケット3にサークル参加してきたよ。当日は寒い中、長蛇の列に並んで早く入場することに努めた人やそれ以外の人も、シロデココのサークルに来てくれてありがとう。

とんでもない長蛇の列を目にした新春けもケット3

サークル入場時間が始まる9時半頃にJR川口駅前に到着。売り子さんとも落ち合って、早速イベント会場に向かおうとしたら、下の階では一般入場者向けの整理券配布の列が整理され始めていたよ。

一般参加者がゾクゾクと整列される様子

今回も新春けもケットは整理券を使った入れ替え制となっていて、整理券配布の列に早く並んだ人ほど早く入場できるように整理券は配られるのだと思う。

すぐに売れる大人気な薄い本を追い求める人たちが前に前にと並び、そうでない人も一般入場時には必要だからと並ぶ。色んな考えを持った人たちがひしめき合って出来上がった列が上のGIFアニメの様子だよ。スタッフさんが列を整頓してくれているけど、まだまだ奥には長蛇の列が静かに立ち潜んでいるよ。来年行われるであろう新春けもケット4では一体どんなことになるのか。

新春けもケット3での設営

戦場と化していた川口駅前をずっと眺めているわけにもいかないから、目当ての本が手に入れることを一般参加者の人たちに祈りつつ、こっちはこっちでサークルスペースの設営に努めることにするよ。

以前から思っていたことだけど、カシカッシーのシリーズが続くにつれて、既刊を置く場所が厳しくなってきたね。今回の新春けもケット3では一応全ての本を置くことはできたものの、他のグッズなどを置く場所にしわ寄せが来てしまったよ。今度のけもケットではまた新たな本の置き方を考えよう。

お隣のサークルさんとスケブ交換

ちょうど隣がジュエルペット関係のサークルさんだったから、オレよりも計算や応対が得意な売り子さんに机の上のもののやりとりは全部任せて、お互いに好きなジュエルペットを描いたスケッチブックを交換したよ。

見てわかる通り、右側がオレで、左側がお隣のサークルさんが描いたもの。鉛筆で描いたオレの自信たっぷりな表情のプレーズもいいけど、色鉛筆で影からテカりの表現まで丁寧に描かれた隣のサークルさんのガーネットの方が、光華な宝石の名にふさわしく、隙のない出来栄えだね。スケッチブックを交換に付き合ってくれてありがとう。

お隣のサークルさんのガーネットとツーショット

オレのサークルのスペースには、今回のイベントでの新刊である「プレーズといっしょ」で主役となっていた、プレーズのぬいぐるみを置いていたんだけど、お隣のサークルさんのスペース上ではガーネットのぬいぐるみが置かれていたんだ。これは一緒に撮らせてもらうしかない。このチャンスを逃すまいと、ガーネットとのツーショットを撮らせてもらったよ。ありがとう。

プライドの高いガーネットでも、プレーズとの思わぬ体格差に内心ではびっくりしているかもしれない。でもスケッチブックの交換に付き合ってくれたりしたし、オレとしてはお互いに仲良くしてほしい。また偶然にも今回のガーネットがいるサークルさんが隣となった時は、一緒にツーショットを撮らせてもらたら嬉しいね。

立ち寄ってくださった方からの差し入れ

今回も差し入れを沢山いただいたよ。ありがとう。中央2つのキットカットは少し早いバレンタインチョコということなんだって。男が男に渡すバレンタイン。性別なんて関係ないんだ。経緯はどうであれ、チョコを美味しく食べられさえすれば、それは立派なバレンタイン。

そしてキットカットよりも浮いているであろうクッピーラムネ。DLSiteの人が丁寧に宣伝してくれた上に、新春けもケット繋がりということで、ケモノキャラが印刷されたクッピーラムネをもらえたんだよね。ありがとうDLSite。検討させてもらいます。

サフィーの3じかんクッキング」を3回目の入場の段階で売り切れにさせてしまったこと以外は特に問題なく終了したよ。4回目の段階で欲しい人がもしいたらごめんなさい。でも他に大きなトラブルなく終えることができて一安心。

こうやって安心してできるのも新春けもケット3のスタッフさんのおかげとしか言いようがないよね。ありがとう新春けもケット3。今度は5月6日に行われるけもケット6でもしサークルスペースをもらえたらそこで会おうね。

MKレストランでお疲れ会

川口から池袋に移動し、しゃぶしゃぶ専門店であるMKレストランでお疲れ会をしてきたよ。最近オープンして、尚且つ分かりづらい場所にあるからか、夕食時でも人は少なかったような気がする。

鍋に煮詰まる肉をひたすら食べる作業

しゃぶしゃぶの鍋に入れるスープは2種類選べて、今回選んだのは冬限定のアジアン鍋スープの辛口と白湯スープだったかな。辛いのが大好きなオレとしてはアジアン鍋スープが断然好みだった。それに舌が慣れてしまったせいか、白湯スープの物足りなさが浮き彫りになってしまった気がする。

幸いにも鍋のプロが数人いて、ほぼ鍋奉行状態になっていたり、鍋の中にある半煮えの肉にオレが触れようとしたら注意してくれたりと、プロの人がいなければオレのお腹はどうなっていたのかと突っ込みたくなるほどの活躍っぷりだったよ。ありがとう鍋のプロの方々。

最後は麺とリゾットで締め

終盤戦は麺を煮込んでリゾットで締め。ごちそうさまでした。しゃぶしゃぶ2時間食べ放題だけのDコースにソフトドリンク飲み放題を付けて2500円未満というお安い価格。そして最近オープンしたお店だったためか、カセットコンロではなくIHクッキングヒーターが付いたテーブル。そして場所の問題からか、人が少なめという消費者視点からしたら好条件。これは次の川口のイベントがあれば候補として入るお店で間違いないよね。

欲をいえば、オレの口の中の口内炎が完治していればより楽しめたはず。辛いスープが口内炎を刺激して食べづらかった。口内炎は食べ放題の敵だね。

プレーズとデザートフォッカチオ

しゃぶしゃぶ専門店でがっつり食べたところで、デザートを食べるためにサイゼリヤに向かうことにしたよ。予約せずに行ったために20分待ち。土曜日の夜だから仕方ない。

サイゼリヤに入って真っ先に選んだのはデザートフォッカチオだった。このピザを連想させるかのような生地の歯ごたえ。病みつきになっちゃうよね。そして目の前にいるプレーズ。口内炎を刺激するものがなかったというのもあるけど、プレーズが目の前にいながら食べるとなれば、痛みなんて感じる余裕はないよね。

シナモンチャレンジ

デザートを食べ終えた後に繰り広げられた謎のぴょこのるチャレンジという名の積み上げチャレンジ。疲れ切ってダラダラな流れになってしまった中での奇跡。癒しを与えてくれるシナモンだけど、疲れたみんなに活気を与えてくれる力もあっというのか。

計り知れない潜在能力を持つシナモンを目の当たりにしたところでサイゼリヤから抜けて全員解散。ありがとうサイゼリヤ。ありがとうお疲れ会に参加された方々。またゴールデンウィークで会えますように。

コメント&トラックバック

1件のコメント

  1. @JP_Dian_KR_bot

    Omg

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

トラックバックURL