にっき

メリーゴーランドでルビー達が遊ぶ様子が映るパズル「ジュエルペット みんなでメリーゴーランド」

4月14日にパズルを組み上げて、遅れながらも数ヶ月後にパズル用のフレームを手にいれた後に、今は壁に掛けられているジュエルペットのパズル「みんなでメリーゴーランド」を紹介していくよ。かなりの期間が経っているけど、忘れないうちに書いておこう。

「みんなでメリーゴーランド」のパズルの絵

これが今回組み上げたパズルのイラスト。パズルのメーカーとして定番のエンスカイ製。このパズルは108ピースだけど、一つ一つのピースが子供にも優しいように大きくできていて、完成したら300ピースサイズ(26×38センチ)になるよ。

ルビーやサフィー達が煌びやかなメリーゴーランドで遊ぶ様子が描かれたパズルを一つ飾るだけでも賑やかになることは間違いないよね。完成する前から期待感で膨らむね。

端とそれ以外のピースを分けるよ

108ピースという少ない数ならやる必要はないと思いながらも、習慣的にやってしまう端とそれ以外のピースを分ける作業。

分けたはいいけど、偶然にもチャロットと思わしき目と口がオレを目線を誘導してくるよ。オレの心が汚れているからだろうけど、チャロットと思わしき口のピースがこちらに向かってキスをしているように見えてしまうんだよね。これからパズルを組み上げるというときに余計なことを考えてしまってはこの先心配。

ルビーから順に組み上がっていくパズル

大きな108ピースという緩めなパズルということで、あえて完成された絵を見ずに組み立てていたものの、残念ながら大した障害にはならず、ジュエルペットの部分は全て完成したよ。最初に端を組み上げた後に組み上がったのは、一番大きく写っているルビー。まるでルビーに誘われてしまったかのように自然と完成してしまったね。

ピースという限られた空間で目線誘導を挑んできたチャロットには悪いけれども、完成したのはもっと後だったよ。チャロットとしてしっかり組みあがると、妙な主張をしてこない普通のチャロットに見えるね。チャロットの口には何か秘めたものがあるのか。まさかの新発見だよ。

パズル用ののりを塗って完成

全て組みあがってノリを塗れば、後はパズルのフレームにはめるだけ。今回利用するパズル用フレームは、ビバリー製の「木製パズルフレーム ナチュラルパネル シロ (26x38cm)」という白いフレーム。パステル調の絵に白いフレームの相性は抜群だよね。お値段はとってもお手ごろな1300円くらいで買えるよ。

壁に飾って、こうしてまた一つ、オレの部屋はメルヘンな世界に近づいたことになるのか。まだ手をつけていないパズルが沢山あるから、少しずつ組み上げてメルヘンな世界にしていこう。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

トラックバックURL