にっき

ジュエルペット あたっくちゃんす!? あたっく1 の感想

元気ラブー?

2月4日にYouTubeのセガトイズガールズチャンネルでショートアニメ「ジュエルペット あたっくちゃんす!?」の予告編が、2月18日には記念すべき第1話である”あたっく1”が公開されて幕が開いたね。果たして何話まで続くのかは分からないけど、終わるまでここに感想をひたすら記していくよ。

アニメ復活に向けて努力するラブラ

あいりとの別れを迎えてかれこれ数ヶ月。ジュエルペットファンのためを思ってアニメの復活を努力するラブラはたくましいね。ここに来てジュエルペット マジカルチェンジでのラリマーのアイドル活動のアシスタント役として頑張った経験をふんだんに活かせた。時にはラリマーのライバルとして、ジュエルモールに沢山張られたラリマーのポスターを引っぺがして、自身のポスターにすり替えるという大胆な犯罪行為もしでかしたこともあったけど、ジュエルペットのアニメが終わってしまっては元も子もないよ。

アニメが終わってしまったことにより、ラリマーどうこう以前にジュエルペット全体がテレビ上で有名になれるチャンスが無くなってしまう。そんな大問題の解消役として赤ちゃんであるラブラに全部投げっぱなしでいいのか。ルーアにしてもサフィーにしても、テレビのみんなとの関係はその程度のものだったのか。オレは悲しい。挙げ句の果てに、主人公でありながらも、アニメが終わったらそれっきりで、焼き芋を頬張りながらブクブクに太った体を見せたルビーには呆れてしまうね。ただ、ラブラが最悪だとか終わってるだとかいう聞きなれたセリフのせいで、せっかくの深刻さを薄れさせてしまうよ。いつものラブラだけど、とにかく落ち着こう。これがルビーなんだ。仕方ない。

アニメが終わってやることが無くなって太ったとはいうけど、ジュエルペット マジカルチェンジでもひたすらバクバク食べていたから、当時と何が変わったのか分からない。なぜ今になって太ったのか。時間に余裕ができて、さらに食べる量が増えたということなのか。また新たにルビーの胃異次元説の信憑性が上がったね。

るりちゃんのおかげでダイエット成功

ダイエットに対して、必死に抵抗をしてやる気を見せないルビーに、ラブラが呼んだ最強の助っ人であるるりちゃんが助け舟。無事に痩せることができたね。ムキムキ姿の斜め上方向に。アシスタント経験のあるラブラは納得していないようだけど、るりちゃんは姿がどうであれ納得しているし、雑誌に思いっきり載って、ルビーの知名度が思いっきり上がった。上がることにより、アニメ復活への第一歩を遂げた。それでいいじゃない。問題は、ルビーのその体型をいつまで維持させることができるかどうか。ルビーが隙を見てピザやケーキをバクバク食べることは目に見えてる。るりちゃんやラブラが頑張って阻止してあげてほしい。アニメ復活のためならそれも致し方ない。ファイトだルビー。

ダイエット誌に掲載できたことや、強力なダイエット食をルビーに食べさせることができたのも、全部るりちゃんのおかげ。特に雑誌の掲載は一般の人では難易度が高すぎる。るりちゃんはよっぽどのコネの持ち主なのかもしれない。そんな大金持ちで且つジュエルペット好きの彼女をここに誘導できたラブラは有能。過去に漫画の編集長をやったり、ラリマーのアシスタント、エンジェラの警察のサポート、何から何までこなしていたラブラの実績や人脈は伊達じゃなかった。オレもラブラが実際にいたら、色々と相談に乗りたいね。返って下衆なことを言われることも当然覚悟してる。オレはそんなラブラの辛口トークもオレは強く受け止めるよ。

もしかしたら、今回のジュエルペットのアニメは、観ているみんなにラブラのプロデュース力を知らしめることを目的としたアニメなのだと思えてきたよ。そうならそうと早く言ってよ。今後のラブラのプロデュース。乞うご期待だね。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

トラックバックURL