にっき

ラリマー達が描かれたジュエルペットのクリスマスケーキを食べたよ

二週間ほど前に注文したジュエルペットのクリスマスケーキが一昨日に届いて、今日そのケーキを友人達と食べたよ。一人だけだと食べきれないからね。とはいえ、今度はケーキだけというのも疑問が出てくる。オレがわがままを言って、お菓子やジュースを注文したり、さらにはゲーム機まで持ってきてもらったよ。ありがとう。

ジュエルペット達からのメリークリスマス

ジュエルペットのクリスマスケーキを注文することができるのは、プリロールというアニメやキャラクターのケーキを沢山売っているネット通販のお店。ジュエルペットのロールケーキの存在は知っていたけど、ラリマー達が描かれたクリスマスケーキも売られることをクリスマスの一週間前に知ったんだよね。

昨年や一昨年もクリスマスの時期になったらこんなケーキが売られていたのかもしれないと考えると、貴重なチャンスを逃してしまったのだと思うよ。ジュエルペットの最終回が決まったことを知った後だから尚更。もしかしたら最後の機会になるかもしれない。このクリスマスケーキを食べて、かけがえのない思い出を作り出してくれたルビーやラリマー達のアニメでの活躍に改めて感謝し、今年の締めとしよう。

ちなみにこのクリスマスケーキは数量限定と書いてあるものの、販売ページを見る限りではまだ売られているから、気になる人は買って食べよう。今回は一緒に注文しなかったけど、クリスマスケーキ以外にジュエルペット達が描かれたマカロンもあるよ。

ケーキが入っている箱

年末年始だから、宅配業者が忙しい時期。ケーキの到着が遅れるかもしれない。プリロールの注文画面の注意書きによれば、少し早めに着くようにケーキの到着日時指定をして欲しいという勧めがあるよ。優しい気遣いを受け入れて、28日の午前に指定。幸いにも、ルビー達がオレの感謝のお祝いを歓迎してくれているかのように、遅延は一切発生せずにケーキが到着。ありがとうクロネコヤマト。

クール宅急便でケーキが冷凍されて運ばれてくるから、届いたら冷凍庫で保管しておく必要があるよ。半冷凍や冷蔵庫じゃダメ。食べる時には、冷蔵庫から出して解凍させよう。ケーキと一緒に添付されている説明書きによれば、3時間から5時間程度で解凍されるらしい。

そして食べる時が訪れた翌日。数時間待って段ボール箱から取り出すと、そこにあるのはメイプルカラーの食欲をそそる箱。ジュエルペット達が描かれた箱があるんじゃないかという生ぬるい期待はもろくも崩れ去ったわけだけど、英語で「幸せの時間」と記されたこの箱からオレは感じ取った。宅配便で目的地に運ばれるまでの衝撃から守り抜いたから、最高の状態のジュエルペットのケーキを食べて欲しいと。オレは衝撃から守ってくれた箱に感謝しつつ、ジュエルペット達の笑顔が描かれたケーキを観るために箱を開けたよ。

姿を現したジュエルペットのケーキ

箱から取り出すと、さらに透明のプラスチックのケースが守ってくれている。見るだけならいいけど、このままだとジュエルペッチ達に失礼極まりないよね。守ってくれていたこのケースにも感謝を込めつつ外してみれば、反射も影も一切無いジュエルペットのケーキが姿を現したよ。

ケーキの大きさは恐らく4号サイズ。ルビーやラリマー達が手を繋ぐ元気な様子が描かれ、奥には英語で”メリークリスマス”と、少し遅いクリスマスを祝ってくれているよ。さらに、祝ってくれているルビー達を引き立ててくれている、ホイップクリームの上に乗るピンク色のハートや丸いチップも忘れちゃいけないね。特に丸いピンク色のチップが宝石のように輝いていて、まさにジュエルペットのケーキと言ったところ。

ケーキを三等分にカット

ケーキを十分に見渡して、ナイフで友人の分を含めて三等分する準備は整った。絵の中央にルビーがいることから、これからルビーが酷いことになるのが分かりきっていたけど、食べるにはやむをえない選択。

思い切って切り込みを入れてみる。ルビー達が描かれた面は分厚く固いせいか、うまく切れずに周りの表面もナイフに合わせて動いてしまうよ。苦戦しながらも三等分できたものの、後で写真を見返した時にあることに気づいたんだ。ルビーの胴体を無意識にできるだけ避けようとしていたためか、三等分のバランスが崩れていることに。ルビーの部分が悲惨なことになっているのはやむをえないにしても、友人のために均等にケーキを分けることよりも、ルビーのことを気にしていたためなのか。ごめんなさい。

これで食べる準備ができたよ

ケーキは紅茶と合うよね。友人が買ってきてくれた午後の紅茶と合わせて食べたよ。注いだカップは当然のようにジュエルペットのメラミンカップ。カップはこういう時にこそ使っておかないとね。ケーキの中に挟んである桃の果実を噛んで、舌で甘さを感じるたびに駆け巡るんだ。ラリマー達のアイドル活動や、それを応援していたルビー達。ルビーがお別れの前に伝えていたあいり達への想い。ジュエルペットのケーキを食べたことで、ルビー達からこれからも忘れないで欲しいという想いを感じ取り、最終回を観た後の寂しい気持ちからお別れして、来年を迎えられる気がするよ。ありがとう。

ケーキを食べた後はゲームとねるねるねるね

あまりここには書いていないけど、片道数時間掛けて来てくれた友人達にも感謝の気持ちを伝えないといけないよね。ケーキはついでで、スプラトゥーンを布教するために来たと言っていたけど、ゲームをするために本体一式を持ってきてくれたり、事細かく戦術を教えてくれたから嬉しい。オレのプレイを見ていた友人曰く、ゲームに馴染むペースが早いらしい。誕生日が近いからお世辞でも言っているのかと疑ったけど、そうだとしてもそれはそれで嬉しい。

ねるねるねるねが完成

そして友人達が好きなねるねるねるね。水を入れずにオレンジジュースを入れて混ぜていたけど、オレの家じゃなかったらと思うと恐ろしい。酷いものを混ぜるのが好きだから、コーヒーやお茶を入れたりしそう。この日はオレの誕生日を祝っているかのように、かなり気合いの入ったかき混ぜ方をしていたよ。オレと殆ど同い年にも関わらず、ねるねるねるねに対してこれだけ気持ちを込めてくれる人も珍しいよね。肝心の味はどうだったかというと、オレンジジュースだったおかげで味は変化なし。よかった。

ジュエルペットのクリスマスケーキの後はひたすらスプラトゥーンやねるねるねるねで盛り上がったけど、そんな面白いひとときもあっという間。殆どケーキを食べるためだけに来てくれた友人達に感謝の気持ちを抱きつつお別れしたよ。ありがとう。良いお年を。そしてこの記事を読んでくれているみんなも良いお年を。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

トラックバックURL