にっき

ジュエルペット マジカルチェンジ 第33話「魔法少女になっちゃった!?」の感想

じ〜っと見るラリマーちゃん

11月14日のジュエルペット マジカルチェンジは、あいりがルビー達に替わってマジカルチェンジをした結果、魔法少女になってローラやその他の人たちに追いかけ回されてしまうお話と、引き続きルビーがラブラに追われる話の2本だったね。

魔法少女になっちゃった!?

ルビー達のマジカルチェンジに負けじと、自分も魔法少女になって見せたあいり。人間の姿がマジカルチェンジすることを考えたらジュエルペットになるものだと考えていたから、そのまま人間のなるのはオレの中では予想外。

世界をひっくり返せるレベルの強大な力を手にいれたあいりは、まるでルビー達への態度が手のひらを返したかのように今までのウップンを晴らしていたよね。そりゃ今までは人間の主人公でありながらも、どんなジュエルペットよりも影に隠れがちだったからこの豹変っぷりも仕方ない。まさに立場が逆転したとルビー達が確信してしまったのか、魔法を使おうとするあいりを宝石のキラキラした目でじーっと見つめるルビー達。内心では嫉妬しちゃってたんだろうね。ただし、どんなに目立とうとも朔太郎には全く届かなかったのは悲しい。朔太郎は朔太郎で一種の素質なのかもしれない。とはいえ、一話前のルナの例がある通り、気づいてはいないフリをしながらも内心では気づいているのだと思う。朔太郎を信じよう。

せっかく強大な力を手に入れられ、アイドルになるのか金持ちになるのか、どう使うか戸惑うあいり。決められないどころか、魔法少女になったことによるデメリットに苦しめられていたね。アイドルになれば、アイドル活動を必死に頑張っていたラリマーを押しのけて悲しませてしまう。お金持ちになれば、欲は全てお金で解決しようする黒いあいりになってしまう。欲にまみれた魔法はすぐに実現できても、それに伴う代償があまりに大きいんだ。

そんな不安定な気持ちで強大な力を持った派手な衣装のあいりが外に出歩くなんて危険すぎる。ローラがあいりの着ている服について聞かれた時は、ジュエルペット達が魔法少女になったことを隠すのかと思いきや、まるでローラに対して自慢するかのように魔法少女になったことをアピールしていたよね。ローラは元々大金持ちということもあって、切実な願いを叶えるために使いそうだからまだいいかもしれないと考えたけど、全面的にバックアップという何か怪しいことを考えているからダメだね。金持ちはどこまでお金を欲するのか。一緒にいるルーアも今までの行動から、ルビーや他のジュエルペット達にも危害を加える恐れがあるからダメ。

あいりが悩みに悩んで使った魔法が、雨空を綺麗に晴れた夜空にすること。朔太郎から聞いたしし座流星群がまさに今夜。綺麗な夜空にすれば、みんなが綺麗な流れ星に願い事ができる。あいりはみんなが幸せになる魔法を掛けたんだね。流れ星に願い事をしてもすぐには叶わないけど、綺麗な星に願い事をしたと考えたら、その願い事が本当になるように頑張れると言っていた。そう。今まさに空を下っている星は、何兆年かそれ以上の月日を辿ってきた星。星と比べたら生きられる月日が短い人間の人生の中で、長い旅をしてきた星に巡り合えてお願い事ができたと考えたら、ほんの一瞬の出会いでも幸せな気分になれるよね。あいりはなかなか深いことを言うね。無理に魔法少女になって天下にならなくとも、こういったさりげなく面白いセリフを言ってくれるだけで十分キャラが立ってるよ。その調子で深いセリフをオレたちに聞かせてください。

これは余談の中の疑問なんだけど、シチューの話であいりにラブラが文句を言った後に、なぜルビーの頭をおたまで叩いたのか。ルビーが一番シチューを食べていたから、ラブラの文句だろうとルビーにターゲットがロックオンされてしまっていたのかもしれない。ルビーは食いしん坊だから仕方ない。許してあげてほしいよね。

ジュエルペット ただいま逃亡中

鳥取編ということで、ルビーが迷い込んだのは鳥取砂丘。鳥取砂丘ってこんなに暑くて広い場所なのか。今回はルビーがラブラに追いかけられるのではなく、ルビーがラブラに追いかけられる、ルビーがどよめきつつ消えていく蜃気楼(しんきろう)をオレを含む視聴者が見る形になったか。鳥取にいたルビーはオレや視聴者の想像または幻覚に過ぎなかったんだね。今回のことは忘れよう。

今度の話でローラがフランスに帰ってしまうらしい

次の話ではローラがフランスに帰るらしい。父親に言いつけとはいえ、粘り強いローラが言いつけなんかで簡単に朔太郎を諦めていいのか。ルーアもきっと許さないぞ。そんな思いをしつつ今度の話に期待しよう。

コメント&トラックバック

2件のコメント

  1. まさかとは思っていましたが、あいりまでマジカルチェンジしてしまいましたね(笑)。あいりがペットにならなかったのは、以前エンジェラがマジカルチェンジをしてもバイクになったように、本当にまだまだ謎が多いペンダントなのだということを示しているのだと思います。驚きはしましたが、正直僕はあいりのマジカルチェンジが嬉しかったです。本人も言っていましたが、確かにいつもアシストばかりで、魔法などが使えない分ペットたちほど活躍が目立たないと感じる回もあったので(もちろんあいりはあいりなりにとても活躍できているとも思いますが)、また新鮮で、あいりがカッコ良くも見えました。 あいりの暴走は面白かったですが、その後であいりのことを追い回すローラたちは本当に怖かったです。事実人間は時として欲望が絡むとあそこまで暴走してしまうこともありえると思っただけに妙にあのシーンはある意味現実をうつしているようで怖かったです。 ですが雲をはらす魔法を使ったことで、みんなを少しでも幸せにできたのならば、やはりあいりの魔法は大正解だったと思います。 直接願いが叶うよりも、叶うんじゃないかと信じて頑張った結果で願いが叶ったほうが何倍も価値があり、嬉しいものだと僕も思いますから。 あいりの言葉はもう名言ですね。 時々暴走しても、あいりは色々な人の気持ちを理解しようとするなどの優しさを人一倍持っているから、これまでなんどもペット達と心をかよわせ、変身させることができたのではないかと僕は考えます。 とても素晴らしい回だったと思います。 折角あいりも変身できるとわかったのですから、最終回でも変身してほしいです。 余談の件ですが、僕は単純にラブラが赤ちゃんなのであいりは、一番突っ込みやすいルビーをかわりに叩いたのだと思います。 しかしどっちみちルビーは気の毒ですね(笑)。

    • あいりが追われているシーンは恐かったですね。ローラはあいりのことを友達だと思っているにもかかわらず、お金儲けが絡むと、ビジネスチャンスを放っておくまいと考えてとことん攻めてくる。さすがお金持ちの子どもという行動だと思い知らされますw

      確かに、もしラブラを叩いてしまえば、大泣きしてしまってみんなが困ることになりますからね。削除法でルビーが選ばれたと。気の毒ながらも、普段の行いが悪かったということで仕方ないですw

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

トラックバックURL