にっき

ジュエルペット マジカルチェンジ 第32話「ジュエルペットだョ!全員集合」「メガネはルナの一部です」の感想

ガーネットのコーディネートを身につけたルナ

11月7日のジュエルペット マジカルチェンジは、ガーネットが幹事として開いたジュエルペットの同窓会に沢山のドタキャンが発生した話、ルナがメガネを外して様々な格好にイメチェンをする話と、ルビーがラブラに追われる話の3本だったね。

ジュエルペットだョ!全員集合

せっかくガーネットが幹事として開いた同窓会は、懐かしながらのコンビであるルビーとサフィーとガーネット以外はドタキャン。いくら何でも、他全員ドタキャンというのは不自然すぎるよね。今回のシリーズからルビーとサフィーとガーネットが離れ離れになってしまい、内心ではルビー達は寂しい思いをしていたのだと思う。その様子を察していた他のジュエルペット達が、今回行われる同窓会にあえて参加しないという選択をすることにより、昔の友だけの集まりで話せる機会を与えてくれたのだと思う。そうでもなければ、ラリマー達のドタキャンの理由が雑すぎるからね。

そんなことを多少たりとも思いつかないガーネットは、怒りを居候させてもらっていて感謝する側であるサフィーにぶつけ、唐突のルビーのおならで台無し。こんな修羅場でおならの5.03秒という新記録を自慢してきて無事でよかったね。もしもラリマー達だったら、何か大目玉を食らうかもしれない。そんな空気の読めないことをしたのに何もせず、のちに仲直りをするまでに至ったのは、やっぱり古い付き合いがあったからこそのもの。

とはいえ、スライドショーが見事に今回集まったルビー達の写真以外がないというのは偏りすぎだと思うんだ。特にガーネットの誕生日パーティでお祝いされる側のガーネットがしょんぼりしてる写真は、よくガーネットが何も言わなかったものだと内心びっくりしたよ。ろうそくの本数から察すると、ガーネットが4歳になった時の誕生日パーティの写真か。もしも予定通りジュエルペット達が勢揃いした状態でスライドショーを上映したとしたら、プライドの高いガーネットがどうなることやら。そういう意味でもルビー達以外がドタキャンしてくれてよかった。色々と奇跡が重なった同窓会だったね。今度からは別のジュエルペットが幹事になって同窓会を開こう。

メガネはルナの一部です

ルナと朔太郎がお互いどの程度分かり合っているのかがよく分かる話だったね。ルナが朔太郎を驚かせるためにイメチェンを試みたけど、朔太郎が望んでいるのはいつも通りのルナ。見た目よりも頭脳を見ているんだよ。ガーネットやルビー達がイメチェン案として提案してくれた、舞台衣装、マンモス肉の衣装、プロレス衣装、ガーネットご自慢の赤い服も、朔太郎の助手としての役割を達するには残念ながら邪魔になるよね。

とはいえ、せっかくルナの思い切ったイメチェンをしたのだから、朔太郎は何か一言くらいイメチェンについて触れてもよかったよね。何も触れなかったから、朔太郎の部屋の前でショックを受けていたんだからね。のちに朔太郎がメガネをプレゼントしてくれたからよかったものの、ガーネットの思い切った服装についてはノータッチ。発明に没頭しすぎてルナの顔と本以外に目がいかなかったのかもしれない。没頭すると周りが見えなくなると思われる朔太郎にしては健闘してるよ。

ルナの魔法の力を借りて完成させたメガネは、いかにも朔太郎が考えそうな多機能メガネ。ガーネットが言っていたように、一体何に手こずっていたのか。オレが思うに、メガネの中に仕込むものに悩んでいたのだと思う。メガネという小さいものに仕込めるものは限られているんだ。その中でルナにとって有用となるものを絞らないといけない。仕組みは完成させても、そういう意外なところでつまずくことって多いからね。でも、今時ポケベルというチョイスはどうなんだろう。朔太郎のチョイスも謎だよ。何にしてもルナが喜んでくれたんだからよかったよ。

ジュエルペット ただいま逃亡中

今回ルビーがラブラを追いかけ回した場所は、偶然中の偶然なのか東北地方だった。笹かまぼこ、きりたんぽ、いぶりがっこ、見事に東北地方チョイス。いずれもルビーがなまはげを使って驚かすための罠だったらしい。ラブラを追い返す作戦にしては手が込み過ぎている。ルビーから暗に、なんだかんだで追いかけ回して遊んでくれているという感謝の気持ちを込めてのささやかな気持ちなのかもしれない。ラブラはご当地グルメを味わうことができ、ルビーは厄介な相手を追い返すことができた。まさにウィンウィンな関係。

次の話であいりが魔法少女になるらしい

今度の話で主人公であるルビーに嫉妬して、あいりが魔法少女になるらしい。ルビーに対抗すべく、魔法が使えて変身できればとささやいていたけど、まさかのあいりがジュエルペットに変身するシーンが登場しうるというのか。楽しみだね。

コメント&トラックバック

3件のコメント

  1. 僕は今は千葉県に住んでいますが、幼少時代は秋田県で育ったので、秋田のことは今でも大好きです。 ペンネームもそこからです(笑)。 秋田には「なまはげ館」という、なまはげにいつでも会いに行ける場所があるのですが、秋田県は人口減少によって近いうちに無くなるのではないかという話もあります。秋田に「ハーモニーランド」もできれば、何らかの効果が期待できるかもしれませんが、やはり厳しいですね(笑)。

  2.  僕の中でも、ルビー、ガーネット、サフィーは、「てぃんくる」を見て、仲良しグループだったという記憶が強かったので、最初に「マジカルチェンジ」のことを知ったときも、「顔ぶれが随分とかわったな。」と思ったものです。 今の4人組もとても好きですが、やはりルビー、ガーネット、サフィーの3人組も好きなので、なんだか懐かしい気分にさせてくれました。 ジュエルペットが全員揃わなかったのは、逆にそれでよかったのではないのかと僕もそう思います。大人数で楽しくやるのもいいでしょうが、この時の場合は3人の友情が薄れている状態だったと思いますから、再びその友情を取り戻せたのだとすれば、本当にいい機会だったと思います。後からあいりも加わっての4人組のやりとりもよかったですし、貴重だったと思います。 そしてBパートではメガネをとったルナを見て驚きました。こちらも「てぃんくる」の頃を思い出して懐かしかったです。ガーネットの美的センスは僕にも理解し難いですが、結局すごく似合っている衣装も着れて、ますます可愛くなったと思います。ルナが朔太郎や科学のことを想像以上に理解してくれていたことも、メガネなしでマジカルチェンジしたことも嬉しかったです。朔太郎も、ルナのメガネを作ってくれたまではよかったですが、ポケベルなどを装備させたのは僕もツッコミました(笑)。けれどお互いの関係がまた進展したのであれば良かったと思います(笑)。 逃亡中では東北を舞台にしていましたが、「きりたんぽ」や「いぶりがっこ」、「なまはげ」と秋田県のものが多く登場したので、「秋田人」を名乗るものとしてはとても嬉しかったです(笑)。

    • ここの記事でも書いたかもしれませんが、きっと集まらなかったのは、周りのジュエルペット達がルビー達だけ集まるように気を配っていたんじゃないかと思っています。そうでもしなければ、3人だけ集まるなんていう奇跡はありませんしねw

      秋田人様はやっぱりその名の通り、秋田に住まわれているのでしょうか?是非とも埼玉も取り上げてほしいところですが、もう厳しいですねw

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

トラックバックURL