にっき

ジュエルペット マジカルチェンジ 第25話「ルビーのライバル!?グラナイト」の感想

これで叩いてみよう!

9月19日のジュエルペット マジカルチェンジは、グラナイトがヤナイケメンソウの力によって、酷いチャラ男になってしまって、いろいろな偶然が重なってどうにか元に戻ることができたお話。そしてルビーがラブラを追いかけ回すいつものお話の2本立てだったね。

ルビーのライバル!?グラナイト

偶然にもルビー達の前で倒れて、あいりの家に運ばれるグラナイト。奇跡的に傷を見てすぐに原因を特定する朔太郎。さらに奇跡的に満月に飲ませるという条件をクリア。ナビでヨイイケメンソウも生息場所も特定し、満月が出ている間にピュライム便で特効薬のウマクイケールを飲ませることができた。あまりに流れが出来すぎている気がするんだ。

ルビーのラッキー運アップの宝石パワーが何かしら働いていることを加味しても出来すぎてる。オレは思った。グラナイトが苦しんでいる様子を見て、本気で助かってほしいという願いがあってこその偶然があったんだと。今までライバルとして相手にしていたルーアに対しては、山のてっぺんまで登る競争の話を感情を込めて言うも無視。今までのルーアとのライバルとしての振る舞いは所詮はお遊びもといおままごとに過ぎなかったということなのか。グラナイトに対するルビーの真剣さとは裏腹に、ルーアに対する冷たい態度は可哀想に思えるよ。

それだけルビーが真剣に戦った麺食い競争の最中、不慮のトラブルが起きてしまった時のグラナイトの優しさ。そして、それだけ余裕に振舞うグラナイトが、テーブルに汁をこぼしたりせずに綺麗に食べて余裕の勝利を収めてしまったことにする悔しさが忘れられないんだね。

そもそも、それ以前にルビーの食べ方が異常過ぎるんだ。食べ終えて中身が空になった器は用済みと言わんばかりに放り投げる乱雑っぷり。もはや器に入ってるもの以外は用無しであるかのよう。食べ終えた後の食器が転がった様子は、まさに食べ物にしか興味がないルビーらしい光景。とはいえ、食べ物と器は切っても切れないものだから、ルビーみたいに食い意地が張っている者こそ食器を大事にしてほしいと思うよ。

無事にグラナイトのヤナイケメンソウの毒が抜けたことだし、また機会を作ってグラナイトに綺麗に且つ素早く食べるマナーを教わろう。この機会にルーアも面食い競争に参加しよう。グラナイトに面食い競争に勝てさえすれば、なかなか侮れない存在として、ルビーから進んでルーアに挑戦状を叩きつけてくると思う。頑張ろう。

ジュエルペット ただいま逃亡中

ジュエルバーガーの夢を見ている最中のルビーを捕まえようというラブラの計画。表向きではそうでも、ラブラの本心では、とにかく波に乗るということが第一目標だったんだね。過去にプールや海で泳ぐことはしたことがあったけど、波に乗るのはオレとしては初めて観ることになるね。

例えセットで作られた波だったとしても乗りたい。何度もめげずに挑戦するラブラからそんな気迫を感じた。夢中になっている間にルビーはジュエルバーガーを食べに行ってしまったけど、ラブラの一つの目標が達成できてよかったと思うよ。おめでとう。

今度は3本立てだって

次回予告の中でもチャラ男のフリをするグラナイト曰く、今度はまさかの3本立てらしい。その中にいつもルビーの摩訶不思議なマジカル占いの話も出てくる。ルビーのヘンテコな占いの真相が明らかになるのか。

コメント&トラックバック

2件のコメント

  1. グラナイトが1番に修行に出たジュエルペットだったんですね。驚きました。そんな修行のさなかに「ヤナイケメンソウ」の毒でチャラくなってしまったのにも意外すぎてビックリでした。でも本当のグラナイトはすごくいい子でしたね。特に「ライバルは対等に競う」と言ってあえて箸を1本にした彼の姿にはしびれました。とはいえチャラい状態のグラナイトとレギュラー陣のやりとりなどはとてもおもしろかったです(笑)。また、ジュエルウォッチの万能っぷりにも驚かされました(笑)。 毒におかされながらもマジカルチェンジしたグラナイト、声から姿まで凄くかっこよかったと思います。ルビーの必死の行動にも拍手ですね。感動しましたが、やはり最後の、エキスが届いたというオチはツッコミました(笑)。 でも毒が抜けたのはやはりよかったですね。 今後もルビーのピンチには救世主のごとく駆けつけてくれることを期待しています。

    • 今更ですが、一番に修行に出てどんなに頑張っても、ヤナイケメンソウというよく生えていそうな草で性格も何も酷くなってしまった様子は、どんなに努力しても些細なことで人生がコロッと変わってしまうような現実を想像してしまいましたね。恐ろしいです。

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

トラックバックURL