にっき

ジュエルペット マジカルチェンジ 第22話「マジカルペラッペラでバイリンガル!?」「朔太郎、夏祭りの恋!?」の感想

あとは今川焼か回転焼か大判焼!

8月29日のジュエルペット マジカルチェンジは、ルビーのおかげでルナがゴテゴテの関西のおばちゃんになってしまう話。ジュエルペット達が浴衣姿でお祭りを楽しみつつ、朔太郎の思い出の人と出会う話。ルビーが逃亡するはずが、思わぬ巨大化でラブラが追われる立場になる話の3本だったね。

マジカルペラッペラでバイリンガル!?

あいりのためにルビーが掛けた魔法はある意味成功したね。何故かルナの口調が関西弁。それも、毒舌ラブラのドン引きのおばちゃん口調。服装は阪神推しのトラ柄尽くし。あいりもドン引きのケバケバしい香水臭。漫才番組の影響をもろに受けてしまったにしても酷い。

もしも目の前にルーアがいたと考えたら恐いよね。ルビー達の一部始終を見ていたとしたら、今回のルビーの魔法の性質を悪用してくるに違いない。ルーアが有利に働きそうなテレビをルビーに観せて、うまく魔法を誘って掛けてもらえばいいだけだからね。とはいえ、そんな計画を実行したとしても、運を手にしているルビーには勝つのは困難。頑張れルーア。

そうそう、ルビーのことを散々責め立てていたあいり達はお調子者だよね。最初は開き直ったルビーがルナを利用しだして、今度はラリマーが買い物を一緒につき合わせたり、買い物の成果であいりがこのままでいいと言って感心しだしたりと、最初の頃の気持ちは一体何だったのか。終盤ではマジカルチェンジで人間の姿に変わってローラ達を助けることもできたしね。

その思いもマジカルチェンジをした姿を見て考えが変わったよ。ジュエルペットの姿のままだとテンションが高い可愛いキャラにしか見えないのに、マジカルチェンジであんなに怖いお姉さんになるなんてね。ルナのあの恐い姿はあまり見たくないです。魔法が切れてくれてよかった。

朔太郎、夏祭りの恋!?

朔太郎の恋話。アニメやドラマではよくある話だったけど、実際には滅多に無いはず。メガネさえ外せばイケメン顏の朔太郎だからこその出会いだったんだよ。あいり達がメガネを外した朔太郎を全くの別人と見てしまうくらいだからね。

朔太郎がメガネからコンタクトに切り替えたりでもしたら、この先バラ色になることは間違いなし。とはいえ、発明以外に時間を使うのが勿体無いと考えているなら、朔太郎はまずしないだろうね。何にしても、オレとは無縁の世界だった。

恋話も大事だけど、ルビー達が浴衣姿で夏祭りを楽しんでいる様子を見ることができたのも大事。ルビーが座長さんにぶつかっても、自分の心配よりたい焼きの心配をするくらいの花より団子っぷりは安定してる。少なくとも今回ルビーがお祭りで食べたものは、わたあめ、焼きそば、たい焼きは分かってる。夜店は殆ど制覇したらしい。オレが思いつく限りで、フランクフルト、クレープ、チョコバナナも制覇済みか。あいりの財布の中はもう空っぽだね。お祭りから帰ってからが心配だけど、ルビーならきっといつものこと。あまり考えないようにしよう。

ジュエルペット ただいま逃亡中

ルビーがでかくなる土管についうっかり入らなければ、ラブラの正攻法で勝つことができたというのに、ルビーのあまりの運の良さに立ち向かうことはできなかったか。そもそも、一回戻って元の大きさになるという考えがあるなら、小さくなった直後で正面にある大きな土管には気づかなかったのか。なんだかんだでラブラのやり方が生ぬるかったね。今度は頑張って。

今度は朔太郎がジュエルランドに迷い込むらしい

今度の話は、朔太郎が思わぬ発明をしてジュエルランドに迷い込んでしまうらしい。次回予告のシーンを見る限りだと、発明に使ったのはジュエルストーンか。この発明に成功すればジュエルランドに行き放題。開発を急げ。

コメント&トラックバック

2件のコメント

  1. 22話も、とても面白かったと思います。 Aパートですが、あいりのためにルビーが使った魔法。 やはりまたおかしな魔法でしたね(笑)。 まあ、いつものことなので魔法そのものにはそこまで驚きませんでしたが、その魔法によって急にキャラが変わってしまったルナに1番驚きました。 いつもは冷静で大人しいルナが、あんなにまである意味で元気すぎる関西人のようになってしまいましたからね・・・。 でも逆に、だからこそこの回のルナもとても可愛く見えました。 悪質な不動産屋を撃退するあたりのルナの顔もとても可愛かったです。同時に、面白いという意味でも、このシーンははまりました。 そしてなんといっても、その後でマジカルチェンジしたルナにもやはり驚きました。 もういつものルナの面影がほとんどありませんでしたね(笑)。事件が解決したのはよかったですが・・・。この回ではルビーの魔法によるものでしたが、これはいつものルナでも、本気で怒らせるとラブラ以上に怖いということを表しているのでしょうか。 ところで、ペットの性格が大きく変わると、マジカルチェンジした姿まで随分変わるんですね。 だとすると例えば、もしルビーが勉強をたくさんして、彼女も知的キャラになったら、白衣を着てメガネをかけた感じの姿になるんでしょうかね(笑)。ちょっと見てみたいです(笑)。 また、ルナにかかった魔法がもしもあいりやラリマーに当たっていたらと想像すると、これもまた面白いです(笑)。 Bパートは、デココさんもお描きになったように、お祭りを楽しむルビーたちの姿がとても良かったです。 そして、結局朔太郎が憧れた人は男性でしたが、それでもきちんとお礼を言った姿は感動しました。Bパートは、とても感動できました。 余談ですが、この22話ではあいりが恐ろしい顔で怒るシーンが2つもありましたね(笑)。ラブラに八つ当たりしたシーンと朔太郎を問いただしていたシーンです。あいりってあまり怒らないキャラクターかと思っていましたが、22話では結構怒ってましたね。 あのようなあいりを見てしまったら、あのオパールでさえも怖くて固まってしまうかもしれませんね(笑)。

    • 以前のラブラが想像していた鍛え上げられたラリマーのマジカルチェンジした姿のことを思い出しますね。性格や体格などもマジカルチェンジに大きく影響するみたいです。ラリマーにルビーの魔法が掛からなくてよかったです。アイドルを目指すラリマーがキャラ崩壊する様子を見せてしまったらとんでもないですからね。
      朔太郎に対してはあいりは強気なのかもしれないです。家事や掃除は全てこなしているわけですし。発言権があるのだと思います。

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

トラックバックURL