にっき

ジュエルペット マジカルチェンジ 第21話「声を聞かせて」「ルビーとルビー」の感想

乗るしかないですよ!このジュエルのウェーブに!

8月22日のジュエルペット マジカルチェンジは、なんかすごいジュエルポッドを手に入れるためにルビー達が四苦八苦するお話と、ルビーがなんかすごいジュエルポッドを使って別世界のルビーとお話できてしまうお話と、なんかすごいジュエルポッドの力でラブラがラリマー達によって何かされてしまうお話の3本立てだったね。

声を聞かせて

あいりに甘えてばかりのラブラが先陣を切ってお誕生日パーティを提案してきたのに、あいりはジュエルペット達の気持ちだけ受け取って、パーティ自体は謙虚にお断り。ラブラ達だけが仕切るパーティはグダグダになることを察していたんじゃないかという黒い想像もしてしまった。ごめん。得体の知れない発明に没頭している朔太郎とは違って、家事掃除で忙しいあいりにとってはお誕生日を祝ってくれる一言を掛けてくれるだけでも嬉しいはずだし、ルビー達との平和な日々が続くだけで幸せだと考えているんだ。

一番楽しみにしていたお母さんとの電話が、ルビーの魔法で出した乾燥機でジュエルポッドにとどめを刺してしまったのが痛かった。善意とはいえ「マジカル乾燥機」と聞いた段階で嫌な予感しかしなかったけど、こんな時に限って魔法が成功してしまうしね。乾燥機の中でゴトゴトとジュエルポッドが音を立てて壊れつつ、乾燥される様子を平然と見守るラブラ達。内心では「またルビーがやっちゃった」と思っているはず。

この後のルビーの快進撃が凄まじかった。ただでさえ競争率の高い「なんかすごいジュエルポッド」を抽選会で一発で引き立ててしまうんだからね。ルナ達に魔法を使うことを後押しされていたにも関わらず、それを自ら無視までしているんだから尊敬しちゃう。ルビーが魔法を使うことはズルになると言っていたのはその通り。その前にラブラやルナ達はよく考えてほしい。ルビーの宝石パワーがラッキー運アップだということを。魔法なんか使わなくても抽選には強いんだよ。ルビーがそのことを知っていたのだとしたら、なかなかキレてるね。

せっかく手に入った引換券は子供に譲ってしまったけど、ルビーのビカビカーの失敗魔法が失敗するという奇跡が起きてよかった。さすがラッキー運アップの宝石パワーの持ち主。もしも子供に譲らなければ、ビカビカーの魔法をすることもなく、お母さんからの電話も受け取れなかったよね。ルビーのことを普段は魔法が下手だと馬鹿にしているラリマー達も、しばらくは黙り込んじゃうかな。ジュエルなウェーブに乗れたことによる優越感に浸れた恩はでかい。

ルビーとルビー

なんかすごいジュエルポッドの優越感に浸るルビー。さすがの主人公だけあって、沢山の友達がいるんだね。かぼちゃから直々にハロウィンの知名度アップを依頼されてしまうくらいだからね。かぼちゃに留まらず、石、ひな人形、お鍋、電池、セロテープ、鯉のぼりとジャンルを問わない友達の広さ。ルビーの電話番号がどこかに漏れたことを疑わざるを得ないよね。

まさかとは思うけど、他のジュエルペットの人気を恨むラブラ辺りが、ルビーの電話番号をどこかに流出させてしまったということは無いよね。腹黒いラブラならやりかねないぞ。

この色々と不条理な世界でかぼちゃや石からの着信があることはよくあることかもしれない。ルビーから着信もあるとは思いもしないよ。魔法の力の影響とかで一時的に話せるようになったとのことだけど、これもまたルビーのおかげかもしれない。いつか他人の風呂場と空間を捻じ曲げてしまったことがあったくらいだし、別世界のルビーと通話できるようにしてしまうことさえも不可能ではないはず。

ジュエルペット てぃんくるのルビーとは話しづらかっただろうね。実はまだ一度も見たことがないシリーズなんだけど、どうやら全シリーズの中でてぃんくるでのルビーが一番落ち着いてて純真らしい。見た目は同じでも性格がまるで違う。そんなことを本人は想像さえしないよね。

ところで、かぼちゃ達と通話していたルビーは一体どのルビーだったんだろう。マジカルチェンジについて知らなかったけど、ジュエルウォッチを身につけていたことから、未来のルビーである可能性は高そうだよね。もしかしたら、来年放送されるジュエルペットのルビーかもしれないぞ。通話を終えてブラインドを上げて向かった先はいざ知らずだけど、来年以降もジュエルペットのアニメが期待できそうだね。安心です。

ジュエルペッド ただいま逃亡中

全く逃亡していない今回の話。ラブラは追い掛け回した時の記憶を夢だと思っているけど、ラブラの夢の中では岩にぶつかっていて、ラリマーの説明ではラブラが岩の下敷きになって気を失っていたとのこと。とても夢とは思えない状況一致っぷりだよ。紛れもなく夢ではない現実。

全員棒口調で何かおかしいと思ったら、ラブラ以外はなんかすごいジュエルポッドのとりこになっていたのか。とりこになりすぎて自らがいつの間にかジュエルポッドの中に入ってしまうくらいに。これがいわゆるジュエルポッド脳なのかもしれない。ラブラも無理やりとりこにさせられてしまってバッドエンドだけど、みんなもジュエルポッドを買ってもあまりやりすぎないように注意しよう。

今度の話でルナが関西弁を喋るらしい

ルビーの魔法でルナが関西弁を喋るようになってしまうらしい。仲の良い朔太郎も動揺を隠せない。次回予告の初めのシーンに出てきた、妙に派手な格好のルナもオレは見逃せないぞ。今度の話でオレはルナの新たな魅力を見出してしまうかもしれない。面白くなってきた。

コメント&トラックバック

14件のコメント

  1. 21話はもう驚きの連続でした。急にあいりの誕生日が8月中だということが判明したり、それぞれ別次元のルビー同士が会話するといったことがありましたから。 Aパートでは、誕生日にも関わらずジュエルポッドが壊れてしまったことが非常に気の毒でしたね。なんだかんだ言っても、あいりはとてもショックだったと思います。 最新機種のジュエルポッドをあいりのために手に入れようと奮闘するルビーたちも良かったですが、デココさんも書かれていたとおり、「魔法を使うとズルになっちゃう。」とまともに勝負へ挑んだルビーはとても立派だったと思います。その上折角当たったのに、同じくポッドを欲しがっていた女の子に譲るとは本当に改めてルビーはとってもいい子だと思いましたし、「ジュエルペット」という作品が本当に素晴らしい作品だということにも改めて気づくができました。 しかしその後の、ルビーたちを心配したためにあいりが本気で怒るシーンや、次の日みんなであいりのお誕生会を行うシーンにも当然感動しました。そして何といっても、あいりのお母さんから連絡がきて本当に良かったと思います。 そしてBパートですが・・・ 感動を通り越して本当に驚きました!!「ジュエルペットてぃんくる」のルビーとあかりちゃんが出てきたときには、朝から大声をあげてしまうほど嬉しかったです。 まさかこんな回が出てくるとは思いませんでした。 全体的に見ても、21話は感動の嵐でした。

    • あまり意識して観ていなかったのですが、8月があいりの誕生日の月だったんですね。ルビーやラリマー達にお祝いしてもらえて羨ましい限りですw
      Bパートはおっしゃる通りのような感動もそうなんですが、何よりどのシリーズにも出てこないルビーが気になりましたね。ジュエルウォッチは既に持っているようですし、来年か再来年に放送される未来のルビーでしょうか。SFチックなアニメが好きな私としても面白く感じました。

  2. ルナと朔太郎とサフィーの知的対決をやったらどうなるでしょうか?おそらくサフィーの勝ちでしょうね。でもその手の話はやらなそうですね・・・。前にサフィーが出たときもキャラが被ってるルナと朔太郎を意識するような雰囲気はなさそうでした。

    • マジカルチェンジのサフィーは新しい生物を生み出したりして、実際に研究者をやっていますからねw
      対決という形でキャラに順位をつけるようなことはしないのかもしれないです。やるにしても、穏やかにお願いしたいところw

  3. 確かに平野さんが「楽しみにしててください!今回の出番はちょっと凄いすよ。」って自分からわざわざ言うのは、何か特別な匂いがしますね…。

    サンシャインのミュージカルだよイェイ!のアフレコ時も、平野さんは「ジュエルペットは凄い!!ついにあんなこともやった!!」って喜んでましたね。でも一方でスタジオコメットの音響監督は「大変だから二度とやりたくない」と言って、歌唱シーンの演出で手を抜くようになったそうです。新しい制作スタジオでは真価を発揮してもらいたいです。

    • > 「大変だから二度とやりたくない」と言って、歌唱シーンの演出で手を抜くようになったそうです。

      初耳ですw確か今回のアニメからスタジオディーンが担当されているのですよね。来月末の話でも想像し得ない「ついにあったことをやった!!」と驚かされることを期待してます。

  4. サンシャインのキャッツ団の例を見てもわかるように、歌唱力で本気勝負したら完全にガーネットが勝ってしまうので、
    直接的に優劣をつけるような描写はしないんじゃないでしょうか?
    (平野さんと高垣さんは本人歌唱は互角ですが、高垣はキャラ歌唱歴が圧倒的に少ないです…。)

    ラリマーとのデュエットだと、アイドル歌唱になってしまうため、ガーネット側が上手さを抑えなければならなくなりますし、
    誰でも思いつきそうな展開だとよほど上手くやらないと新鮮味がないです。
    今期から制作委員会方式なので、ガーネットにわざとヘンな歌い方をさせる的なスタッフの暴走もないでしょうし。
    (第一これらのパターンだと演じた本人がアフレコ後に「凄い」とは言わないような…)

    ラリマーとガーネットは恐らく別に展開するのではないでしょうか?
    (2人の上手い絡め方もありますが、マジカルチェンジの作風的にやらないような気がします)
    過去作と被るミュージカルネタじゃないとするなら…もう今年サンリオキャラで流行ったアレしかないような気がします。

    • とてもお詳しいですねw
      今年のサンリオキャラで流行ったアレというと、サンリオキャラクター大賞でしょうか。

  5. >サンシャインのガーネットとダイアナの辺りを思い出しますが、あのレベルを期待してしまっていいのでしょうか?

    今回はそのレベルを期待して良いと思いますよ。放送時期もあれと全く同じですし、今期はサンシャインをリスペクトしたネタが多いので、作っているスタッフさん達もあのレベルを意識しているのは間違いないでしょう。
    中の人が7年間演じてきたキャラで「凄い」って言うと、過去作よりもインパクトがないと言わないと思います。

    多分、カラオケ好きと言う設定があることからしても「歌」が関係しているんじゃないでしょうか。

    • なるほど。カエル様が言われるようなことが重なった上で、平野綾さんのブログのことを考えると、期待がどんどん高まります。

      歌が関係してくるとなると、やっぱりラリマーは外せないです。お互いの歌唱力での真剣勝負が繰り広げられるのではないかと予想しましたが、そんなありきたりな流れは無いですかねw

  6. ルナが関西弁を喋るのはmisonoさんが関西人だからですね。
    サンゴのプロレスネタも中の人繋がりでしたし
    声優さんの持ち味を活かしたネタが多くて楽しいです。

    • misonoさんの関西人繋がりについては初めて知りました。関西弁がなんとなく自然に聞こえたので、多少の疑いはありましたけど、まさか本当にそうだとは。
      次回予告で一瞬見えたルナちゃんの派手な衣装で関西弁を喋るとなるとテンションが上がりそうですw普段は落ち着いているキャラだと思っているので尚更。

  7. マジカルチェンジ、面白くなってきましたね。
    平野綾さんのブログ記事によると、来月末には物凄いガーネット回が控えているそうです。
    (アフレコ直後に触れたのは、サンシャイン以来です)
    ますます目が離せないです。

    • 面白くなってきましたね。後半の話はニヤニヤしちゃいましたw
      物凄いガーネット回というと、サンシャインのガーネットとダイアナの辺りを思い出しますが、あのレベルを期待してしまっていいのでしょうか?とにかく楽しみです。

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

トラックバックURL