にっき

ジュエルペットカフェ マジカルチェンジでルビーちゃん達に囲まれた中で料理を食べてきたよ

8月20日と21日は、初めてジュエルペットカフェに行ってきたよ。ルビーちゃん達に囲まれた中でパフェやランチを食べつつ、おまけとして付いてくるルビーちゃん達が描かれたメラミンカップや小さな人形もゲット。過去に行ったことのあるぼんぼんりぼんファンの人達も一緒にいて色々と心強い。

カフェ前にはフォトスポットがあったりジュエルウォッチが展示中

ジュエルペットカフェがあるのは大阪にある阪急うめだ本店の9階。元々は「カフェ ル パン」だけど、今は「ジュエルペットカフェ マジカルチェンジ」としても営業中。

数年前から期間限定で続いているジュエルペットカフェだけど、大阪に行くのがちょっと手間。ジュエルペット関係のイベントは関東に集中しがちだから、関西のジュエルペットファンの人たちにも楽しんでほしいという思いが込められているのかも。関東のイベントのために向かう関西の人達の気持ちがよく分かったよ。帰ってからは腰が痛いもの。移動中に同じ姿勢でずっと寝ていたからだね。

ジュエルペットカフェの入り口

9階は大きな展示場があって賑やかな場所。その賑やかな場所の端にひっそりあったジュエルペットカフェ。平日で時間が18時過ぎということもあって、お店の中は人が少なめ。中の雰囲気をじっくり見たいオレとしては都合が良かった。

ラリマーちゃんとルナちゃんがカウンターでお出迎えしてくれているところを悪いけど、ジュエルペットカフェの周りに気になるものがあるんだ。それを見てからね。

ジュエルウォッチで遊べるよ

カウンターの近くにはジュエルウォッチが触れるコーナーがあったよ。ラリマーちゃん達としても、この素晴らしい時計をもっと触ってほしい。もっと感じてほしいという思いが強いんだね。

ジュエルウォッチがジュエルペットカフェの目に前にあるということもミソ。ジュエルウォッチのゲームに没頭することによって食欲が増して、目の前のカフェに行きたくなるという流れを見込んでいるんだね。さらにジュエルウォッチが欲しくなる。まさに一石二鳥。研究者タイプのルナちゃんが考えた策か。没頭しすぎないようにね。

ジュエルペットカフェ前にあるフォトスポット

ジュエルウォッチの体験コーナーの近くにはフォトスポットもあるよ。童心に帰ってルビーちゃん達と一緒に写真撮影するのも悪くはない選択。いつも童心に帰っているオレが言えたことじゃないけどね。

できるなら、ジュエルペット達が生で登場してくれたら嬉しいんだけど、あっちはあっちで魔法の修行で忙しいんだ。あまり無茶なことを望むのはやめよう。

入り口前のメニュー

今年のジュエルペットカフェのメニューを軽く見つつ、出迎えてくれたラリマーちゃん達から笑顔をもらって中に入るよ。中は空いているし、席に座ってからゆっくり決めたっていいよね。

壁のそこらじゅうにジュエルペット達がいるぞ

カウンターからウェイターの人に案内されて入ると、座るスペースは右と左に分かれているよ。今の時間は左側に行けないようだから右側にいこう。ジュエルペットカフェというだけあって、ウェイターの人はガーネットちゃんのカチューシャをつけているよ。ルビーちゃんのカチューシャを付けている人をいたかどうかは確認してなかった。ごめん。

ジュエルペットカフェの右側の部屋

右側の壁側にはラリマーちゃんを中心としたジュエルペット達が描かれた絵が飾られているよ。ここは最も右側のスペースに飾られている絵達。

カウンター寄りのスペースではラリマーちゃんとルナちゃん単独の絵が飾られているよ。絵だけでなくルビーちゃん、ラブラちゃん、ルーアちゃん、ラリマーちゃん、ルナちゃんの大きいぬいぐるみも飾られていて賑やか。写真を撮っておけばよかったね。

何でラリマーちゃんが中心と言ったかって、絵の背景の色がラリマーちゃんをイメージした水色のパステルカラーだから。カウンター寄りの右スペースでも背景がラリマーちゃんカラーだったね。このスペースではラリマーちゃんのように心を落ち着かせてカフェのメニューを堪能するのにいいかもしれないね。

ジュエルペットカフェの左側の部屋

翌日に入ったのが左側のスペース。こっちは右側のスペースとは打って変わって、派手なピンク色をふんだんに使っていて、元気なルビーちゃんをイメージしたような絵が飾られているよ。

このスペースの席に座った以上は多少の緊張感を持って食べないといけないと思う。大きいラブラちゃんの絵に見守られながら食べることになるからね。変な食べ方をしたり、もしも残したりでもしたら、ラブラちゃんから宇宙パワーの得体の知れない魔法の制裁が下されることになるぞ。

上から見守るラリマーちゃん達

ラブラちゃんの絵の右上に何か見えるものは一体なんだろう。それは大きいラリマーちゃんのぬいぐるみ。ラリマーちゃんに上から見守られながら食べるなんて、なかなかスリルがあるね。大きいぬいぐるみが沢山あるカウンター付近の右側のスペースよりは緊張感はないか。

ジュエルペットカフェ マジカルチェンジのメニューを見ていこう

そんなことは置いておいて、ウェイターの人が持ってきてくれたジュエルペットカフェのメニューをじっくり見てみよう。

ジュエルペットカフェのメニューの1ページ目

1ページ目、いわばオモテ表紙。メニューに描かれているウインクしたラリマーちゃんを見て、オレの顔がニヤリとほころぶね。

周りの一般の人たちをびっくりさせてしまうかもしれない。ごめんね。だけど、オモテ表紙の歓迎するかのようなジュエルペット達の絵を見てしまっては、それをこらえるのも申し訳ないと思うんだ。

ジュエルペットカフェのメニューの2・3ページ

ページをめくって、これがメニューの中身。美味しそうな食べ物の写真でよだれがどんどん出てくることは言うまでもないよ。それよりも、写真の周りのジュエルペット達のつぶやきが書かれているのを見逃すわけにはいかないよね。

たまに毒舌なラブラちゃんも笑顔で手を上げて「おいしい〜らぶ」と言う様子は微笑ましいよね。そもそもこんなところで「これ食うとどうにかなっちまうラブ?」なんて言ったらお客さん減りそう。

ジュエルペットカフェのメニューの4ページ

ページをめくって、これが最後のページ。ここでは飲み物が中心。今回のアニメのテーマが「マジカルチェンジ」ということもあって、何かを入れると色が変わるオレの頭の中にある大量の子供心をくすぐっちゃうんだ。カルピスを入れて色が薄まるのはわかるけど、レモンを入れて色が変わるってどういうことだろう。

マジカルパフェを食べつつメラミンカップをゲット

最初に注文するのは、メラミンカップがついてくる「ラリマーとルナのマジカルパフェ」と「ルビーとラブラのマジカルパフェ」だね。

ルビーとラリマーのメラミンカップ

「ラリマーとルナのマジカルパフェ」と「ルビーとラブラのマジカルパフェ」を一気に食べたら、もしかしたら全部食べられないという最悪の事態が発生するかもしれない。そんなことをしたらルビーちゃんは悲しむは、ラブラちゃんから強いお叱り魔法をやられてしまうわで、どうなるか分からないから、まずは「ラリマーとルナのマジカルパフェ」を注文するよ。

まずウェイターさんが持ってきてくれたのは新品のメラミンカップ。メラミンカップは透明の袋に包んであって、さらに紙袋に入れて持ってきてくれるよ。隣のルビーちゃんとメラミンカップはオレの知り合いが注文した分のメラミンカップ。

ラリマーとルナのマジカルパフェ

メラミンカップをなめ回すかのようにじっくり見ていたら「ラリマーとルナのマジカルパフェ」が来たよ。パフェが盛られているカップの下にはコースターもあって、お持ち帰りできちゃいます。写真では見やすいようにコースターを手前に置いて撮ったけどね。

おしとやかなラリマーちゃんらしい落ち着きのある果物と、ラリマーちゃんのイメージカラーに合わせたクッキー。アイスの下にはコーンフレークが詰まっているよ。キウイは見た目に反して酸味が結構強いから、おしとやかな見た目に反してトゲがあるという意味が込められているというのか。まさかそんなことはないはず。

ルビーとラブラのマジカルパフェ

2つ目もいけそうだから「ルビーとラブラのマジカルパフェ」を食べてみるよ。ついうっかり、オレが食べてから写真を撮ることに気づいてしまうというミスが発生。翌日に同じマジカルパフェを注文した知り合いの人に写真を撮らせてもらったよ。ありがとう。

「ラリマーとルナのマジカルパフェ」と違って、イチゴやイチゴソースがふんだんに使われている派手なパフェ。イチゴは甘酸っぱくて、生ぬるいのが嫌いなラブラちゃんのメッセージが込められていると思う。

ルーアのラテアート

翌日も昼前にジュエルペットカフェに来て、一息しようと注文したものは「ルーアのラテアート」というカフェラテ。いまいち目が冴えていなかったオレにとってはこのメニューを注文してシャキっとしないといけなかったんだ。

ルーアのラテアート

これが「ルーアのラテアート」だ。アニメで見るルーアちゃんとは違って、目がとってもゆるふわまったり系の表情だよね。さらにゆるふわまったりできるように、クッキーが2枚付いているし、コーヒーをさらに甘くできるお砂糖付き。

ルーアちゃんがルビーちゃんに勝った時はしばらくこんな表情でいるんだろうと考えたらほんわかしてくるよね。いつかその表情をアニメでも見たみたい。期待しています。

エンジェラのふわふわたまごのお子様ランチ

そろそろ夕食の時間で、夕食もジュエルペットカフェで済ませておきたいよね。疲れ切っていたオレには「エンジェラのふわふわたまごのお子様ランチ」を注文するほか無かったよ。

ふわふわたまごのお子様ランチ

エンジェラのようなふわもこ感のあるたまご焼きが付いているよ。せっかくメニューに「ふわふわたまご」と書かれているのだから、ハンバーグくらいの大きさのプレーンオムレツくらいは用意してくれたら嬉しかったかも。とはいえ、ハンバーグもふわふわ感があるし、文句を言っちゃいけないぞ。あまり文句を言うと、エンジェラちゃんに怒られちゃうからね。

忘れるところだった。エンジェラのカップの隣にあるルナの小さな人形はおまけで、お持ち帰りできるよ。この人形は他にラブラ、ラリマー、ルビーがいるけど、残念ながら選べないよ。ウェイターさんの運に託そう。

ラブラのたまごカレー

これは食べていないんだけど、「ラブラのたまごカレー」を注文していたジュエルペットファンの知り合いがいたので、せっかくなので撮らせてもらったよ。ありがとう。

ラブラのたまごカレー

ラブラちゃんの足の裏であるハート形の肉球が描かれていて、毒舌のラブラちゃんでさえも、納得の出来で妙なことも言えないはず。食べていないから分からないけど、恐らくこのカレーは甘口。ラブラちゃんは色んな人に食べて欲しいから、生ぬるい辛さにして万人向けを狙ったんだね。ラブラちゃんの心の中の良心を知った瞬間だった。

ジュエルペットが全員集合して記念撮影

ラストオーダーを過ぎてしまってからは殆ど人がいなくなっていたよ。このチャンスを狙うしかない。ウェイターさんから許可をもらって、テーブルの上にジュエルペットの大きなぬいぐるみを全員集合させてみたよ。

ジュエルペットカフェで全員集合

ルナちゃんの大きいぬいぐるみは貴重だったことから、今大活躍中のジュエルペットがこれだけ並ぶことは滅多になさそう。左側が偶然にもうさぎでうまく固まっているのは偶然なのか。そしてラブラだけ妙なモコモコ感。何はともあれありがとうウェイターの皆さん。

ありがとうジュエルペットカフェ

そろそろ閉店となる時間。閉店の時間を過ぎてしまう前に出よう。ありがとうジュエルペットカフェ。ありがとうウェイターの人たち。

ありがとうジュエルペットカフェ

帰る途中に再び遭遇するラリマーちゃんとルナちゃんの大きいぬいぐるみと、ぬいぐるみの下に置いてあるジュエルペットカフェのメニュー。そして、ぬいぐるみの間に置いてあるコーヒーカップ。

行くときに見るのはワクワクするけど、帰るときに見ると辛いよね。閉店間際となれば尚のこと。また来年もジュエルペットカフェをやってくれて、カウンターを通るときにラリマーちゃん達に出会えることを心待ちにしているよ。

ジュエルペットカフェ前にあったブラックボード

最後にジュエルペットカフェもといカフェルパンの前に置いてあるブラックボードを見ておこう。ウェイターの人が頑張って描いたと思われるルビーちゃんとラリマーちゃんが微笑ましい。オレもブラックボードにルビーちゃんを描いてみたい。難しいか。

大阪市営地下鉄を使ってサンリオショップ散策

ジュエルペットカフェにいない間は、ジュエルペットカフェがある阪急百貨店 うめだ本店の11階にあるサンリオコーナー、大阪タカシマヤ、京阪百貨店 守口店、近鉄百貨店 あべのハルカス近鉄本店タワー館に行って、いくつかジュエルペットグッズを買うことができたよ。

これだけ移動すると運賃が結構掛かることになるから、フリーパスのようなものがあるんじゃないかという期待を込めてしてべてみると、やっぱりあったよ。その名も「エンジョイエコカード」という1日乗車券。使えるのは大阪市営地下鉄の全区間のみ。JRも使えたら便利だけど、JR東日本にある都区内パスのようなものが無いのが残念。とはいえ、大阪環状線が通る場所の殆どは大阪市営地下鉄がカバーしてくれているから問題なし。オレみたいにサンリオショップを回りたいという人はオススメ。

大阪でのサンリオショップの戦利品
  • ジュエルペット ペンシルキャップ
  • まとまるくん (ジュエルペット)
  • ジュエルペット テープカッター

見事にステーショナリー系のグッズばかり。消しゴムはまだしも、セロテープはちょうど切らしていたから、買い足すにちょうどよかったんだよ。鉛筆も買おうと思っていたけど、それは普通の柄のない鉛筆を使う方向でいいよね。

ちなみに、右上に写っているルビーちゃんが描かれている小さなピンク色の入れ物は、サンリオショップで買い物した時に貰えたおまけ。小さすぎてどう使えばいいのか分からないぞ。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

トラックバックURL