にっき

ジュエルペット マジカルチェンジ 第16話「ドクターSの島」「フエルペットでナンバーワン!」の感想

気のせい、気のせい

7月18日のジュエルペット マジカルチェンジは、クルーザーが転覆してたどり着いた無人島にドクターSという謎の研究者に遭遇したり、フエルペットというとんでもない発明で大混乱が起こる話と、いつものようにルビーが追われる話の3本立てだったね。

ドクターSの島

ローラの「旅行に連れ出して、隙を見てマジカルストーンは頂く作戦」を決行するために、わざわざ大型クルーザーを使ってあいりやルビー達を誘うというお嬢様らしい行動力。それも転覆して無人島に着いてしまった上に、あいりの行方が分からなくなってしまったら意味がないよね。しかし、ローラの目の前には朔太郎がいるから、建前の作戦をでっち上げる必要は無くなったんだ。本当はローラが朔太郎との絆を深めることが目的だったんだからね。マジカルストーンで頭がいっぱいになっていたからか、ルーアはローラの裏の作戦を考えもせずにナチュラルな反応をしていたのは意外。

普段から朔太郎に執着しているローラ。ドクターSによる謎のショッカーらしき集団と遭遇してしまっては、流石のローラも目が覚めてしまったか。あまりの目の覚ましっぷりだったものだから、最後の最後で朔太郎の存在に気づいたのはローラではなくルナだけ。朔太郎は朔太郎で、ローラがあいりのコスプレをしただけで本人と間違えてしまうしね。何らかのスイッチが入ってしまった時の様子はお互い様なのかもしれない。朔太郎は普段科学の力をアピールしているのに、こういうサバイバルな事態に何か発揮できるものはないのか。いざという時にネットが無くて発狂しているようだと色々と心配だぞ。今こそ頭の中にある科学の辞書を使って欲しい。

散々朔太郎のことを酷く言ってしまっているけど、サフィーを助けるきっかけを作ったという功績がでかいよね。友達が欲しいがためにスイカを喋れるようにするはずが、うまく喋れるようにできずに、スイカショッカーを量産する機械となって目が虚ろな状態のサフィーを救ったんだ。ありがとう朔太郎。ヘリで離れたあとは、あれらの研究室は放置しているのかな。地球上で初のジュエルペットが作った建造物の廃墟が誕生か。

フエルペットでナンバーワン!

サフィーがノーベル化学賞か物理学賞モノの発明を作ったが故に起こった大事件。フジテレビで一時期放送されていた某有名バラエティ番組のボタンに似ているけど、今回の話はパロディのバーゲンセール状態だから、あえて触れないようにしておこう。

偶然スイッチが入ったというけれど、ちゃんとフエルペットの電池やバッテリーを抜いておくくらいのことはしておかないとね。オリジナル(本物)のサフィーがフエルペットのコピーに偽物扱いされることも予め考えていたはず。そんな知的なサフィーらしからぬ失態。

ルナが決め台詞を吐いて使った手段はなかなか面白いと思ったけど、フエルペットがあまりに優秀なコピーを作ってしまうものだから、コピーされたサフィーも性格は全く一緒。耳の色とかは少し違うけど、それは誰も気づかなかったのね。視聴者への配慮。最後はオリジナルのサフィー自身がマジカルチェンジをして元に戻したんだから、ルナが用意したスタジアムもあっという間に用なし。それどころか使う意味があったのか。

ルナもサフィー程かは置いておいて、結構知的キャラだよね。最終的にこうなることを見越していたのかもしれない。とても本来の目的のためにやっていたように思えないよ。種目は変なパロディネタばかりだし。もし本来の目的ではないとしたら、サフィーの知的キャラの活躍っぷりを観たくて、わざわざスタジアムを用意したのかもしれない。陰ながらのサフィーファンだったというわけか。サフィーに負けないように頑張ってね。

ジュエルペット ただいま逃亡中!

サフィーの秘密兵器であるフエルペットに頼るというルビーの算段。残念ながら超天然なルビーをコピーするのには、現状のフエルペットの力では無理だったようだね。おかげで色んなルビーが生み出されてしまったけど、ラブラが大体合ってるというのだから、どのルビーもそうなんでしょう。ルビーが言うよりも説得力あるよ。あまり道具に頼りすぎないようにね。

今度の話でラリマーがまたステージに立つらしい

今度の話ではラリマーが再びステージに立つために猛特訓をするらしい。ボクシングの練習中に我を忘れてラブラの体を揺すったり、全く状況がわからないぞ。何はともあれ来週まで待つしかないか。

コメント&トラックバック

4件のコメント

  1. サフィー、ハッピネスの時のスタッフの失敗を意識したかのように運動音痴なキャラに戻ってましたね。
    鉄骨渡りでまごついてたり、ダーツを外したり、最後のジャンケンでハリセンを避けきれなかったり・・
    (本物サフィーが勝ち進んだのはあくまで偽サフィーが勝ちを譲ってくれたから)

    ハッピネスの卓球大会の時の不自然な反射神経の良さの面影もありませんでした

    • 確かにダーツは外したり、運動音痴な描写が見て取れましたね。制作側がどう考えていたのかは分かりませんが、何かしらの影響があったのでしょうか。

  2. 16話。Aパートの「ドクターS」の正体はサフィーでしたね。それにしても朔太郎、ネット中毒だったとは・・・。科学者である前にお兄さんなのだからデココさんのおっしゃるようにもっと冷静に、活躍してほしかったです。(確かに結果的にお手柄なところもありましたが。)挙句の果てにはスイカにされた上に島に置き去りにされて・・・回を追うごとに彼の扱いは酷くなっていると思います。ルビー達の方は、最後までお気楽でしたね(笑)。下手にパニックになるよりはいいと思いますが、もうちょっと緊張感などを持ってもよかった気もします。結局ルナたちのおかげでサフィーが正気に戻った訳ですが、寂しいことがなくなって本当に良かったと思います。「会話が出来る。」確かに最高ですね!Bパートでは、サフィーがまたすごい物を作っていましたが、寂しかったのならばガーネットやサンゴ、キングたちも招待できていれば良かったと思います。しかしこちらからは本物と偽物の区別がしっかりつくのに、あいりたちにはそれがつかず、おかしなコンテストを開くなんてやはりみんなボケやすいですね。サフィーにとっては深刻な問題なのにルビーたちはもはや楽しんでいるように見えました。僕もコンテストの内容には突っ込みどころ満載でした。でも偽物のサフィーも結局はイイ子でしたね(笑)。サフィーも人間になりましたが、良かったと思います。かなりシュールでしたが、Bパートは地味に感動しちゃいました(笑)。

    • 言われてみると、ルビーやあいり達の方は何処から出したのか全くわからないバーベキューセットで肉を焼肉をしていたりお気楽でしたねw近くにクルーザーが流れ着いて、そこから持ってきたのかも。
      Bパートのオチは、コピーされたサフィーは結局消さずに、仲良く暮らしてあたふたすると思っていました。なんだかんだで消しちゃいましたね。どういうやり方であれ、自分でやったことは自分が責任を取るといったところなんでしょう。

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

トラックバックURL