にっき

レディ ジュエルペット 第45話「ルーアがあぶない!」の感想

ば〜ん!

2月7日のレディ ジュエルペットはタイトルの通り、とにかくルーアが危なっかしくて、混沌の扉から飛び出してきたと思われるビーストにやられてしまいかけたお話だったね。ようやくルーアはももな達に目的を話してくれたおかげで距離が縮まってよかった。そしてルビーがルーアを思う気持ちも十分に伝わったよ。

ルーアがビーストに襲われる!

前回の次回予告の段階だと、ルーアはジョーカーを裏切って、ジョーカーが魔法か何かで制裁を下して痛い目に会うのかと思ったけど、全くそうではなかったね。ルーアが洞窟で隠れている間に、奥に潜んでいたビーストに気付かれてやられてしまいそうになったのがタイトルの中身だったか。ルーアが見限ってしまってもジョーカーは「ルーアめ…」と言うだけで何も手を出さないなんて何気に優しい。

ルーアはルーアで、ルビーに対して色々と威張っておきながらも、今回の洞窟の中のビーストに気付かないというミスはオレの中で意外だったね。ジョーカーに従っていればリリアンは戻ってくると考えていたものが崩れてしまって情緒不安定になっていたのだから仕方ない。エレナ達に助けられた後は、思っていたことをみんなに告白したし、情緒不安定な気持ちも多少は解消してくれたかな?

そして今だから言える。ルーアに対して言いたいことがあるんだ。ルーアのことを色々と悪く言ってしまってごめん。前回の話をきっかけに、ルーアのことを悪く考えるのは胸が苦しくなるようになったよ。ひたすら自分を犠牲にしながらリリアンのために尽くしたんだし、少しは休んで欲しいと思う。切実に。

肝心なリリアンはミウラのジュエルパッドで眠ってくれているようでルーアも一安心。でも何故ミウラのジュエルパッドに?メンターであるルーアよりも、恋人としてのミウラを選んだということか。

コスプレ名人ルビー

エレナがルビーに対して勘違いを解こうと客観的な説得をしていたけど、そんなことを言われようともルーアのことを信じていたね。正直言って、ルビーのルーアに対する思いやりがなかったら、ルーアはあのビーストにやられてしまっていたよ。

ルビーの普段の面白いコスプレ技術も、ビーストを誘導するのに一役買ったね。ただ、コスプレ技術だけだととっさにこんなことは出来ないだろうけど、「新年を占うのもレディのたしなみ」でルーアがルビーの顔を自分の顔のように墨を塗ったことがヒントとなったに違いない。普段の遊びをこういう場面でうまく利用するとは、普段の天然なルビーもなかなか侮れないぞ。

そもそもの話、ルビー自身はどう考えていたのかは分からないけど、ビーストに追われている中で自分自身の命も危ないというのに、コスプレをしてルーアの身代わりになろうなんて考える方もどうかしているよ。ルーアはルビーに対して酷いことをしたのだと思っているようだけど、ルビーからしたらルーアは色々教えてくれた大事な友達。ルビーのおかげで助かったんだから感謝しなくちゃダメだぞ。

次の話でジョーカーが分かりそう

今度の話でとうとうジョーカーが分かりそうな雰囲気。「ジョーカーは誰だ?」だから、もしかしたらジョーカーの推理と探索だけで終わるかもしれないけど、大事なヒントくらいは明るみになるはず。何にしても次の話に期待。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

トラックバックURL