にっき

レディ ジュエルペット 第41話「レディたるもの絆を大切に…」の感想

自信満々なルビーちゃん

1月10日のレディ ジュエルペットは、世界を守るためには絆や愛が必要になるというお話。プチレディとプリンス、そしてルーアだけでなく、他のジュエルペット達も深刻な表情を浮かべ始めているから、最後はどうなるのかがちょっと心配。

レディジュエルもびっくりの深刻な状況

お正月気分も終わって早々、レディジュエルがプチレディ達を集めて、今の深刻な状況について説明していたね。レディジュエル曰く、悲しみや憎しみが今の状況を生み出していて、プチレディとメンターとの絆や愛を深めることが今の世界を救う最高の力になるんだって。

悲しみや憎しみが先に沢山貯まっているという「混沌の扉」が開いてしまうことを恐れているけど、多分いずれ開いてしまうんだろうね。もしそうなってしまったら、ジュエルペット達も元の宝石になってしまうことを覚悟で全力で挑むようだし、まだ過去に誰もジュエルペットが犠牲になっていないとはいえ、こんな深刻な事態になったら誰かしら犠牲が生まれるよね。もしそうなれば、ルーアが真っ先に犠牲になりうるね。

ただ、ルーアもよく考えて欲しいよ。頭やしっぽに雪が積もるくらいに思い悩んでいるシーンで、「困っていることがあったら何でも言ってね。」と言ったり、ジュエルペット達が集まっているところで「ルーアとお喋りできなくなるなんて嫌だもん。」、ルーアがよく嫌味を言う相手であるルビーが、これだけ気遣う言葉を掛けてくれているんだから、安易に身を投げるようなことはしないでね。ルビーの一声を聞いた後のルーアの表情がなかなか忘れられないんだよね。結構心にグサッときます。

ただ、こんなことを言ったところで誰かしら犠牲になるのは確実。ジュエルペットの誰かしらが犠牲になったとして、ももなとルビーの関係が悪くなった時のようなルビーの悲しい表情を見ることになるのは切なくなるね。ルビーの涙を流して号泣している姿、あんまりというかなるべく見たくないけど、ここまで来るともう後戻りできないか。

とうとうミウラがリリアンの正体を知る

ミウラの提案でリリアンがルーアのジュエルパッドに傍受するアプリを仕込んだおかげで、ようやくリリアンが人形であることを知ったね。当然ミウラがだよ。リリアンが知る日も近いだろうけどね。

それにしても、リリアンの変わりっぷりはすごいね。最初はリリアンの友達はルーアだけだったのに、途中からはももなやみずき、そしてミウラと恋をするようになったり。さらにはルーアのためとはいえ、一番信頼していた相手のジュエルパッドに傍受アプリを仕込んでしまったんだから。でも、ルーアもちょっと隙がありすぎたね。持ち運べる端末はしっかりパスワードでロックしておこう。

オレを含むテレビの前の人達はあまり驚きはないけど、ミウラはショックだよね。愛し合っていた相手が人形だったなんて知ったらオレも正気じゃいられなくなるかも。むしろミウラが険しい表情をするだけで止めていられるがすごい。

リリアンの兄であったカイエンも、実は記憶を黒幕に改竄されていたという事実も判明したね。薄々そんな予感はしていたけど、とんでもない事実。今になってカイエンがリリアンとのペア写真を観て混乱してしまっていたのは何でだろう。リリアンに関連する黒幕の魔法の力が解け始めたのか。

次はレディの過去についてのお話

今度の話での課題はパワースポットなんだって。会津の方の駅の中にパワースポットというのがあったね。意外と身近。それは置いておいて、ルーアの「私、隠していることがあるの。」が気になる。とうとうリリアンに核心となる秘密を打ち明けるときが来るのか。個人的には昼ドラのようなドロドロとした展開は疲れるんだけど、ここまで来てしまったら全て観るしかない。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

トラックバックURL