にっき

小江戸な川越に行って、川越ラーメンと紫いも餃子を食べた

今日は友人と川越に行ってきました。前にも一人で行ったことあったけど、誰かと一緒に行くのは初めて。まず昼飯を食べようと思って小江戸の中心地をぐるぐると回っていると、川越ラーメンというご当地ラーメンらしきものを発見。この店で昼食を済ませることに。

創業55年 大八勝山

ちなみにお店の名前は大八勝山で、食べた後にお店の名前や創業55年ということを知ったんだけど、観光地だから値段も結構高いんだろうなと思ったらラーメン単品で500円と、そこらのラーメンよりも安価でした。だからと言って当然少ないわけでもなくてね。

名物「川越ラーメン」

これが川越ラーメンだ!当然ただのラーメンじゃないです。中にお芋が入ってます。お腹が空いていたからハイペースで食べた勢いで、この芋もハイペースで食べてしまって詰まりそうになった内心焦った。芋を食べるときは気をつけよう。ちなみに麺はあんまりしこしことはしていなかった気がする。もう少ししこしことして噛み応えがあると嬉しい。

紫いも餃子

そして紫いも餃子。名前のとおり紫いもが入っています。ただ、普通にラー油と醤油を浸けて食べると、浸けたラー油と醤油の味があまりに強くて紫いもの味が殆ど気づかないくらいに負けてしまうから、最初は浸けて食べて、あとから何も浸けずに食べると紫いもの味が味わえていいかも。

食べ終わったらどこかの番組で和菓子の早食いをやっていたらしくて、それをオレたちで再現しよう!ということで、菓子屋横町で菓子をいくつか買って、それらの菓子を均等に分けて早食い競争をすることになったけど、一部の和菓子に刺激物があったりしてなかなか食べるのが進まなくてオレは敗北。他が強敵過ぎた。

それでやることも終わってバスに乗って川越からは撤収。お疲れさまでした。そして家に帰って足の裏を確認したら豆が3カ所もあってびっくり。結構歩いたんだね。足痛いです。

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

トラックバックURL