にっき

レディ ジュエルペット 第36話「ロイヤルパレスへ!」の感想

キュンとくる〜!

12月6日のレディ ジュエルペットは、ももな達のジュエルパレスでの最後のテストステージと、またもやルーアが暴走してしまった話。みずきとかろんとは今回の話で離れることになるのだから寂しくなるね。どうでもいいかもしれないけど、タイトルに「レディ」が入ってないのが違和感があったりする。

ロメオがルーアの魔法に掛けられる!

話の前半でいきなりロメオがももなに告白してきたのは驚いたけど、それ以上に驚いたのはそこじゃないぞ。ここ最近はルーアの魔法を見ないし、いい加減学習してくれたのかと思いきや、またやってくれちゃいました、迷惑な魔法。しかも、相手はサブキャラであるロメオ。ルーアは似た者同士みたいなことを言っていたけど、ちょっと信じられないんだ。魔法を掛けるのに都合が良い相手としか思っていない気がする。ももながロイヤルパレスに行くことが確実になったし、さらにリリアンとの関係も悪くなっているから、もうヤケになっている状態なのかも。

魔法に掛かったロメオは剣を振り回して最終的にはどうなるのかと思ったけど、被害は魔法に掛かったロメオと、ルビーのジュエルパッドだけで済んだね。本当にジュエルパッドの画面だけで済んで良かった。ルビーを含むジュエルペット達のジュエルパッドの持ち方が、胴体の全体を隠すようにして持ちながら操作しているから、正面から剣で刺されてもジュエルパッド側が防御してくれるわけか。でも、駄目になったのはジュエルパッドの液晶画面側だから、ルビーはとっさにジュエルパッドを構えて防御したということになるのだから、何気にルビーは反射神経がすごい。

ミウラが探っていたレディXはリリアンだった(?)

ミウラの秘書役のようなイオタがレディXが誰かの画面を出した瞬間、計ったかのようにリリアンが登場したものだから、これはもうリリアンがそのレディXで確定でいいよね。リリアンが自らがレディXであるということを知る日も近いか。

そろそろ黒幕についても情報を出して欲しいけど、この日のレディ ジュエルペットでもヒントとなりそうな場面はあったよね。それはプリンスのロイヤルパレス行きがミウラとロメオとなった所。まずミウラだけがロイヤルパレス行きは確実だったけど、ロメオについては怪しい。

顔が誰かも分からない黒幕が「ロメオは今後も役に立ってくれそうです。」と話した後、ロメオにレディレクター達がロイヤルパレス行きである所を話す場面で引っかかった。レディレクターが今回の行動を評価するとか言っているけど、それは建前の話で、黒幕がロイヤルパレス行きを支持したんじゃないかなって。もしくは、その黒幕がレディレクターかレディブートか、もしくはレディジュエルか?なんか推理ゲームだねこれ。

次は宝探しのお話

今度の話からロイヤルパレスでの課題のお話がスタート。レディが探検のごとく宝探しをする課題のようだけど、それよりもローサがどんなことを喋るのかが気になる。今までも度々ローサは登場していたけど、全く喋ってくれなかったし、今度の話でも喋ってくれないなんていうことはないよね?

コメント&トラックバック

コメントを残す

名前とメールアドレスは必須項目です。(メールアドレスは公開されません)

トラックバックURL